2008年7月25日

News Release No.08034

キッコーマン、
中国・華北エリアに、合弁で調味料の製造・販売会社設立
北京市場及び天津市場に本格参入!

キッコーマン株式会社は、2008年7月25日、中国河北省石家荘市にて、石家荘珍極醸造集団有限責任公司(中国河北省石家荘市:以下、珍極)と合弁会社を設立することを決定いたしました。
10月に合弁会社を設立し、2009年1月より調味料の製造・販売を本格的に開始する予定です。

珍極は、石家荘市で約50年にわたってしょうゆ・酢などの調味料を製造・販売してきた実績を持つ、華北エリアで最大のしょうゆ・酢メーカーです。あらたに設立する合弁会社「統万珍極食品有限公司」には、当社が90%、珍極が10%をそれぞれ出資する予定です。

経済成長が著しい中国では、今後、しょうゆなどの調味料市場においても、高付加価値商品に対する需要が高まるものと予想されます。当社は2002年より、上海近郊に建設した「昆山統万微生物科技有限公司」(江蘇省昆山市)から、上海を中心とする市場に向けて、しょうゆを製造・販売してまいりました。今回の合弁会社設立により、華北エリアにおける調味料の生産及び販売拠点を確保し、主に北京市場及び天津市場に本格的に参入いたします。

本年4月に策定した、キッコーマングループの将来ビジョン「グローバルビジョン2020」では、北米を中心に高収益を上げている「海外におけるしょうゆのビジネスモデル」を、世界に広げていく「しょうゆの世界戦略」が核となっており、2020年に、しょうゆの売上3,000億円、販売量100万KLを目指しています。

アジアについては、10年後の成長を支える市場として考え、本醸造しょうゆを浸透させていくとともに、中国、インド市場の開拓が重要と位置づけております。今回の合弁会社設立及び北京市場への本格参入は、この「しょうゆの世界戦略」の一環であり、当社は引き続き、中国を中心としたアジアにおけるしょうゆ事業を積極的に進めてまいります。

<新会社概要(予定)>

会社名 統万珍極食品有限公司
所在地 中華人民共和国河北省石家荘市
代表者 染谷 光男
会社設立申請 2008年8月
会社設立 2008年10月
営業開始 2009年1月
資本金 3億人民元(約46億円)
出資比率 キッコーマン株式会社 90%、石家荘珍極醸造集団有限責任公司 10%
事業内容 しょうゆ、酢など調味料の製造・販売
  • しょうゆについては、キッコーマンブランドのしょうゆ、珍極ブランドの日本式しょうゆ及び中国式しょうゆの製造・販売を行なう
  • 酢については、珍極ブランドで製造・販売を行なう
生産拠点 河北省内に3工場
従業員数 約1,000人
製造能力 約1,000人
約10万KL 華北エリア(北京市、天津市、河北省など)

<石家荘珍極醸造集団有限責任公司 会社概要>

会社名 石家荘珍極醸造集団有限責任公司
代表者 張 林
所在地 中華人民共和国河北省石家荘市
事業内容 しょうゆ、酢などの調味料の製造・販売
資本金 49百万人民元(約7億円)
売上高 175百万人民元(約26億円)

以上

このページのトップへ