2009年6月19日

News Release No.09030

キッコーマン、中国・華北エリアで、
統万珍極食品有限公司より、キッコーマンしょうゆの出荷を開始!

統万珍極食品有限公司

キッコーマン株式会社が出資する合弁会社、統万珍極食品有限公司(中国河北省石家荘市、以下、統万珍極)は、2009年1月1日より営業を開始し、珍極ブランドのしょうゆや酢の製造・販売を行っております。
このたび、中国・華北エリアに向けて、いよいよキッコーマンブランドのしょうゆの出荷を開始するはこびとなりました。6月25日には、現地でグランドオープニングの式典を実施します。

経済成長著しい中国では、今後、しょうゆや酢などの調味料市場においても、高付加価値商品に対する需要が高まるものと予想されます。
統万珍極は、キッコーマンの技術、統一企業の中国大陸での事業経験、石家荘珍極醸造集団の事業基盤という出資三社の強みを生かし、主に華北エリアにおいて、しょうゆなどの調味料分野で高品質の商品を製造・販売してまいります。

キッコーマン株式会社は、2002年より、上海近郊に設立した「昆山統万微生物科技有限公司」(江蘇省昆山市)から、上海を中心とする市場に向けて、キッコーマンしょうゆを製造・販売しております。統万珍極は、キッコーマンしょうゆの北京市場及び天津市場本格参入の製造・販売拠点となります。

昨年4月に策定した、キッコーマングループの将来ビジョン「グローバルビジョン2020」では、北米を中心に高収益を上げている「海外におけるしょうゆのビジネスモデル」を世界に広げていく「しょうゆの世界戦略」が核となっており、2020年に、しょうゆの売上3,000億円、販売量100万KLを目指しています。

アジアについては、10年後の成長を支える市場として考え、本醸造しょうゆを浸透させていくとともに、中国、インド市場の開拓が重要と位置づけております。今回の、中国・華北エリアにおけるキッコーマンしょうゆの出荷開始は、この「しょうゆの世界戦略」の一環であり、当社は引き続き、中国を中心としたアジアにおけるしょうゆ事業を積極的に進めてまいります。

<統万珍極食品有限公司 概要>

1.会 社 名 統万珍極食品有限公司
2.所 在 地 中華人民共和国河北省石家荘市広安大街34号天利商務大厦6楼
3.代 表 者 染谷 光男(董事長)
4.会 社 設 立 2008年10月24日
5.営 業 開 始 2009年1月1日
6.資 本 金 3億人民元
7.出 資 比 率 キッコーマン株式会社 45%
統一企業股?有限公司 45%
石家荘珍極醸造集団有限責任公司 10%
8.事 業 内 容 しょうゆ、酢など調味料の製造・販売
9.生 産 拠 点 河北省に3工場(石家荘市、唐山市、廊坊市)
10.従 業 員 数 約1,000人
11.製 造 能 力 約10万KL
12.販 売 地 域 華北エリア(北京市、天津市、河北省など)
13.商品アイテム このたび新発売するキッコーマンブランドのしょうゆは次の通りです。
「キッコーマン 純醸造」(500ml、1.8L) 7月20日発売予定
「キッコーマン 鮮潤」(500ml、1.8L) 7月20日発売予定
「キッコーマン 醸造醤油」(1.8L、10L、25L) 8月発売予定

以上

このページのトップへ