2009年6月22日

News Release No.09031

キッコーマン・理研ビタミン 初の共同開発商品
「植物性乳酸菌」と「メカブフコイダン」を含有した健康補助食品
「からだのチカラ」
7月1日より新発売!

からだのチカラ

キッコーマン株式会社は、「植物性乳酸菌(※1)Th221」と「メカブフコイダン」を含有した健康補助食品「キッコーマン からだのチカラ」を、7月1日より全国で新発売します。
これは、理研ビタミン株式会社との資本業務提携締結後、共同で研究を行なってきた成果をいかして開発した初めての共同開発商品です。理研ビタミンも同時に独自のパッケージの「からだのチカラ」を通信販売にて新発売します。

「からだのチカラ」は、キッコーマンがしょうゆ 諸味(もろみ)(※2)の中から分離した乳酸菌「植物性乳酸菌Th221」と、理研ビタミンがメカブから抽出した酸性多糖類「メカブフコイダン」を含有した健康補助食品です。タブレットタイプで約120粒入り(約30日分)。1日摂取目安量4粒に、「植物性乳酸菌Th221」60mgとメカブ抽出物(フコイダン80%)300mgが含まれています。
“食で育む健やかさ”がテーマの「KIKKOMAN'S HEALTH」シリーズとして、当社通信販売やドラッグストア、スーパーマーケットなどの店頭にて販売します。

乳酸菌はしょうゆ醸造の中で欠かせないものであり、しょうゆの味に深みを与え、香りを引き立てる役割を担っています。キッコーマンはしょうゆ醸造に関する研究の中で、しょうゆの諸味に含まれる乳酸菌がどのように働き、味や香りにどのような影響を与えるかについて研究を続けてまいりました。そして、研究の過程で保有していた乳酸菌の中から、健康維持に役立つ働きをもった乳酸菌を発見し、その中から選びぬいた乳酸菌が「植物性乳酸菌Th221」です。
一方、理研ビタミンは、わかめのトップメーカーとして「メカブフコイダン」に関する研究を進め、さまざまな機能性を確認してまいりました。
「植物性乳酸菌Th221」と「メカブフコイダン」の組み合わせに関する研究成果は、本年5月に開催された第63回日本栄養・食糧学会大会で発表しました。

キッコーマングループは、今後とも食品と健康の関連について研究を進め、「食と健康」の分野で「お客様の生活を豊かにする」独創的な新製品開発と新技術開発を進めてまいります。
また、理研ビタミンと互いの強みをいかした共同研究・開発を引き続き継続し、お客様のお役に立つ商品づくりに努めてまいります。

  • (※1)植物性乳酸菌は、植物成分を栄養源として生育できる乳酸菌で、栄養成分の少ない環境や食塩濃度の高い環境でも生育することができる乳酸菌も多く存在します。例えば私たち日本人が古くから食べてきた、しょうゆ、味噌、糠漬けなどの食品は植物性乳酸菌の働きを活用しており、日本人に大変なじみの深い乳酸菌といえます。
  • (※2)しょうゆ諸味とは、大豆と小麦に麹菌を混ぜ合わせてつくったしょうゆ麹に、食塩水を混ぜ合わせて発酵・熟成させたもので、この諸味を搾ってしょうゆをつくります。

1.品名及び容量、価格

(単位:円 消費税込)

品    名 容 量 希望小売価格
キッコーマン からだのチカラ 約120粒入り 6,300
  • 上記の希望小売価格は、あくまで参考価格で、小売業の自主的な価格設定をなんら拘束するものではありません。

2.発売時期

2009年7月1日

3.発売エリア

全 国

4.発売チャネル

当社通信販売、ドラッグストア、スーパーマーケットなど

5.消費者お問い合わせ先

キッコーマンお客様相談センター TEL 0120-120358

以上

このページのトップへ