2010年2月3日

News Release No.10010

マンズワインから、
ワイン醸造家が自ら楽しむ味わいの
「醸造家のハウスワイン」新発売!

「マンズワイン 醸造家のハウスワイン 赤」「マンズワイン 醸造家のハウスワイン 白」

キッコーマン食品株式会社は、2月18日より、ワイン醸造家が自ら楽しみたいと思う味わいを追求してつくった「マンズワイン 醸造家のハウスワイン 赤」「マンズワイン 醸造家のハウスワイン 白」を全国で新発売します。

今回、新発売の「マンズワイン 醸造家のハウスワイン」は、フランスの「ワイン醸造士国家資格」と「?酒(ききざけ)適性資格(ボルドー大学)」を取得した(*)マンズワインの島崎 大(しまざき だい)が商品の統括責任者を務めます。島崎を中心としたマンズワインの技術者が、原料となるワインをつくるチリに赴き、葡萄栽培から製造まで指導・管理した原料ワインを国内でブレンドし、びん詰めしています。

口当たりが柔らかく、渋味・酸味・甘みのバランスがとれた、毎日飲んでも飽きのこない、“お気に入りの普段着のような”味わいのワインです。現在、国産ワイン市場では600円~700円前後の商品が少なく、「マンズワイン 醸造家のハウスワイン」は、新しい価格帯の需要を創造していく商品です。

  • (*)現在、日本でフランスの「ワイン醸造士国家資格」と「?酒(ききざけ)適性資格」の両方を取得しているのは数名しかおりません。

それぞれの商品特長は以下の通りです。

「マンズワイン 醸造家のハウスワイン 赤」

  • ほどよい渋味を持つやや軽めのミディアムボディの赤ワインです。
  • 若々しくきれいな赤色で豊かな果実香が特長です。
  • チリ産のカベルネ・ソーヴィニヨン種を主体にしています。
  • 飲み頃温度は14~16℃です。お好みに合わせて冷やしてお飲みください。
  • アルコール度数は11%です。

「マンズワイン 醸造家のハウスワイン 白」

  • ほどよい酸味とほのかな甘みのバランスがとれた白ワインです。
  • 緑がかったきれいな黄色で豊かな果実香が特長です。
  • チリ産のソーヴィニヨン・ブラン種を主体にしています。
  • 飲み頃温度は6~8℃です。冷やしてお飲みください。
  • アルコール度数は11%です。

<参考資料>

島崎 大(しまざき だい)プロフィール

  • 1961年 東京都生まれ
  • 1983年 山梨大学卒業後、マンズワイン株式会社入社
  • 1987年 渡仏。ボルドー大学ワイン醸造学部で学ぶ。
  • 1988年 ボルドーの5大シャトーの一つである、シャトー・ラツールに半年間研修生として勤務。
  • 1989年 フランスの国家資格である「ワイン醸造士国家資格」を取得。
  • 1990年 「?酒(ききざけ)適性資格(ボルドー大学)」を首席で取得。
  • 2001年 国産プレミアムワイン「ソラリス」シリーズの醸造責任者となる。

「ソラリス」シリーズ受賞歴・採用実績

  • 2007年 「第31回 チャレンジ・アンテルナショナル・デュ・ヴァン国際ワインコンクール(ボルドー)」で「ソラリス 信州小諸シャルドネ樽仕込 2005」が金賞受賞。
  • 2008年 「洞爺湖サミット」総理夫人夕食会にて、「ソラリス 信州小諸シャルドネ樽仕込 2006」が採用、また、ワーキングランチにて、「ソラリス マニフィカ 2002」が採用。
  • 2008年 「第6回 国産ワインコンクール」で「ソラリス 信州カベルネ・ソーヴィニヨン 2004」が「欧州系品種・赤カテゴリー」で金賞受賞。
  • 2009年 ANA国際線ファーストクラスにて、「ソラリス 信州シャルドネ・マセラシオン・リミテ 2007」が採用。

その他、「ソラリス」シリーズの受賞歴の詳細につきましては、下記URLよりご参照ください。

http://www.mannswine-shop.com/solaris/award/index.htm

1.品名及び荷姿、価格

(単位:円 消費税別)

品    名 容量・荷姿 希望小売価格
1本あたり
マンズワイン 醸造家のハウスワイン 赤 720mlびん×12 685
マンズワイン 醸造家のハウスワイン 白 720mlびん×12 685
  • 上記の希望小売価格は、あくまで参考価格で、小売業の自主的な価格設定をなんら拘束するものではありません。

2.発売時期

2010年2月18日

3.発売地域

全 国

4.消費者お問い合わせ先

キッコーマンお客様相談センター TEL 0120-120358

以上

このページのトップへ