2011年7月15日

News Release No.11037

キッコーマンから、サッと数分で副菜ができる
「うちのごはん 温野菜のおかずの素」シリーズに
「じゃがいもの肉味噌あえ」新発売!

「うちのごはん 温野菜のおかずの素」シリーズ「じゃがいもの肉味噌あえ」

キッコーマン食品株式会社は、8月10日より、お好みの野菜をさっとゆでてあえるだけで、ごはんに合うおかずがつくれる「うちのごはん 温野菜のおかずの素」シリーズの新しいアイテム「じゃがいもの肉味噌あえ」を全国で新発売します。

「うちのごはん 温野菜のおかずの素」シリーズは、キャベツやブロッコリー、もやしなどの野菜200~250gをゆでてあえるだけで、ごはんに合う野菜たっぷりのおかず(副菜)2~3人前が簡単につくれるおそうざいの素です。

<温野菜のおかずの素シリーズの特徴>

  • 野菜をゆでてあえるだけで、簡単におかず(副菜)がつくれます。
  • 具材入りなので、野菜1~2品で彩りのよいおかずができます。
  • キャベツやブロッコリー、もやし、じゃがいものほか、かぼちゃ、大根、なすなどいろいろな野菜でおつくりいただけます。
  • 野菜はゆでる代わりに電子レンジで加熱することもできます。
  • ほどよい濃さで和、洋、中どんな主菜にも、あるいは麺類やごはんにも合うので、メインさえ決まれば栄養バランスのよい献立ができあがります。
  • 1袋に2~3人前×2回分が入っています。化学調味料無添加です。

今回、新発売する「じゃがいもの肉味噌あえ」は、具材に豚ひき肉、にんじんが入っています。加熱したじゃがいも2~3個をさっとあえるだけで、香り豊かな醤油もろみの風味を活かし、隠し味のバターでまろやかなコクのある甘味噌味の、ごはんに合うおかず(副菜)ができあがります。

お好みでいんげんを加えてもおいしく召しあがれます。大根としめじを使ったアレンジメニューもパッケージの裏面で紹介しています。

厚生労働省が推奨する1日の野菜の摂取は目標量350gですが、実際の摂取量は約295gと約55g不足しています(*)。「うちのごはん 温野菜のおかずの素」シリーズは、野菜不足解消のお役に立つアイテムです。

  • (*)厚生労働省推進の「健康日本21」では、成人の1日の野菜摂取量の目標を350g以上としています。
    厚生労働省の「平成21年 国民健康・栄養調査結果の概要」によると、20歳以上の野菜類摂取量の平均値は295.3gとなっています。

1.品名及び荷姿、価格

(単位:円 消費税別)

品    名 容量・荷姿 希望小売価格
1袋あたり
<新商品>
キッコーマン うちのごはん 温野菜のおかずの素
じゃがいもの肉味噌あえ
90g(45g×2)×10×4 200
キッコーマン うちのごはん 温野菜のおかずの素
キャベツのにんにく醤油あえ
90g(45g×2)×10×4 200
キッコーマン うちのごはん 温野菜のおかずの素
ブロッコリーのごま味噌あえ
120g(60g×2)×10×4 200
キッコーマン うちのごはん 温野菜のおかずの素
もやしのうま塩あえ
90g(45g×2)×10×4 200
  • 上記の希望小売価格は、あくまで参考価格で、小売業の自主的な価格設定をなんら拘束するものではありません。

2.発売時期

2011年8月10日 ※新商品のみ

3.発売地域

全 国

4.消費者お問い合わせ先

キッコーマンお客様相談センター TEL 0120-120358

以上

このページのトップへ