2010年6月21日

「キッコーマン食品株式会社 野田工場 新詰棟」完成!

~需要増が見込まれる業務加工用や、多様化する家庭用需要にも対応~

「キッコーマン食品株式会社 野田工場 新詰棟」完成!

「キッコーマン食品株式会社 野田工場 製造第2部」の敷地内に、新たに建設しておりました「詰棟(つめとう)」が、このたび竣工となり、6月21日より稼動いたします。

「野田工場 詰棟」は、国内しょうゆ工場の生産体制再構築の一環として、「野田工場 製造第2部」内に分散している詰め設備を集約化し、生産効率の向上を図るため新設いたしました。

「野田工場 詰棟」は、しょうゆの詰め(容器への充填)およびラベル貼り、ケース詰めなどを行う施設です。500ml~1.8Lのペットボトルや、18L缶、コンテナ(1000L容器)、タンクローリー(2000L~)など、様々な容器・容量に対応いたします。

需要増が見込まれる業務用や加工用ユーザーへの対応のため、当社の詰め設備としては初めて、コンテナ(1000L容器)用に、「自動倉庫」や「ICタグ」を利用した在庫管理システムを導入しました。これにより、ご発注いただいてから商品出荷までの期間が短縮され、お客様のご要望に、より迅速に対応できるようになります。
また、少子高齢化が進み、多様化する家庭用需要への対応のため、ひとつの詰めラインで数種類の容量のペットボトルに対応できる「多品種少量生産体制」を構築いたしました。

「野田工場 詰棟」は、環境負荷の低減のため「太陽光発電システム」を導入しております。詰棟屋上に設置した672枚の太陽電池は、年間約9万KWHを発電し、屋内の照明などに活用してまいります。また、工事により発生した廃棄物(土やコンクリートなど)は、敷地内で再利用するなど環境に配慮しました。

【野田工場 詰棟について】

正式名称:
キッコーマン食品株式会社 野田工場 製造第2部 中根エリア 詰棟

所在地:
千葉県野田市中根97

敷地面積:
約116,000m2(敷地面積は中根エリア全体)

延床面積:
約16,000m2 (4階建て)

設備投資:
約86億円

生産品目:
しょうゆ <ペットボトル(500ml/750ml/1L/1.8L)、バッグインボックス(10L/18L)(*)、缶(18L)、コンテナ(1000L)、タンクローリー(2000L~)>

着工:
2009年2月

竣工:
2010年6月21日

(*)バッグインボックス:
包材と容器が一体となったパッケージで、段ボール箱の中に、内袋が入っています。専用コックでお好みの量を出すことができます。開栓後もしょうゆと空気との接触が少ないので劣化が進みにくいのが特徴です。

以上

このページのトップへ