2013年8月30日

「マンズワイン勝沼ワイナリー 醸造棟」完成!
~国産ぶどう100%ワインのさらなる品質向上を目指します~

「マンズワイン勝沼ワイナリー 醸造棟」

キッコーマングループのマンズワイン株式会社(本社・東京、社長・茂木信三郎)の勝沼ワイナリー内に建設しておりました「醸造棟」が完成し、8月より稼動を開始いたしました。

「マンズワイン 勝沼ワイナリー 醸造棟」は、甲州種やマスカット・ベーリーA種など、主に山梨県で収穫される国産ぶどうを使用し、より高品質なワインを醸造するために、旧醸造棟を取り壊し、新たに建設しました。

新「醸造棟」の特徴は以下の通りです。

  • 1.ぶどうの受入れから醸造までを屋内で行うことができる
  • 2.ぶどうの選果を徹底でき、良質なぶどうを選んで仕込むことができる
  • 3.醸造機器等の更新により、酸化を低減できる
  • 4.タンクの温度管理システムにより、発酵温度をコントロールできる
  • 5.容量の異なるタンクを使い分けることにより、適正な醸造期間が確保できる
  • 6.安全性の確保と作業効率の向上のため、タンクの高さ別にステージ式の足場を設置

マンズワインは、2008年に「新生マンズワインの方針」を発表し、「原料へのこだわりの徹底」と「品質向上に向けた管理の徹底」による品質主義のさらなる強化を続けてまいりました。今回の醸造棟の完成により、国産ワインの品質をより高め、皆さまに価値ある商品をお届けしてまいります。

【新「醸造棟」の概要】

正式名称: マンズワイン 勝沼ワイナリー 醸造棟
所 在 地: 山梨県甲州市勝沼町山400
建築面積: 826.00m2
延床面積: 757.87m2(鉄筋1階建て)
設備投資: 3億4千万円
生産品目: 主に山梨県産ぶどうを使用した国産ワイン
  • 「リュナリス」シリーズ
  • 「国産ぶどう100%使用ワイン」シリーズ
  • 「四季旬香」シリーズ
  • 「酵母の泡」シリーズ
着  工: 2013年2月1日
竣  工: 2013年7月31日
稼動開始: 2013年8月

以上

このページのトップへ