トップ > 食を、知る・楽しむ > おいしい記憶映像

BSフジ特別番組,おいしい記憶~今の私をつくってくれた あたたかな職の物語~,次回放送予定7月23日(土)16:00~16:55,エッセーコンテストの過去受賞作品を新たに映像化するほか、リオデジャネイロでのオリンピック、パラリンピック競技大会開催を前にスポーツへの関心が高まる中、スポーツ選手の「おいしい記憶」についても取り上げる予定です。

「おいしい記憶」映像 第2弾放送 予告篇

「おいしい記憶」映像 第2弾放送 予告編

2016年7月23日(土) 16:00~16:55に放送される
BSフジ 「おいしい記憶~今の私をつくってくれた あたたかな食の物語~」。
本編の放送に先立って予告篇が届きましたので、是非ご覧ください。

おいしい記憶

映像で伝える「おいしい記憶」

キッコーマンは、コーポレート・スローガン「おいしい記憶をつくりたい。」を映像で表現し、発信する取り組みを開始します。

「あなたの『おいしい記憶』をおしえてください。」エッセーコンテスト(主催:読売新聞社・中央公論新社、協賛:キッコーマン株式会社)の受賞作品やスポーツ選手、タレントのエピソード等、多くの方の「おいしい記憶」を、ドラマ仕立てで映像化し、特別番組「おいしい記憶 ~今の私をつくってくれた あたたかな食の物語~」(2016年3月21日22:00~22:55)にて放送しました。

放送と同時に、新しいテレビCMを3篇、初公開しています。

これらの映像を、当社のYouTube公式チャンネルなどで配信します。

映像をご覧になった方が、家族と食事をする機会を増やしたり、思い出の料理を食卓に並べたり、共に青春時代を過ごした仲間と連絡を取って思い出のお店に行くなど、ご自身の記憶をたどり、あらたな「おいしい記憶」をつくっていただけることを願っています。

作家 山本一力氏が語る「おいしい記憶」

「おいしい記憶」とは

「おいしい記憶」とは

「あなたの『おいしい記憶』を教えてください」エッセーコンテストの
審査員、山本一力氏にエッセーコンテストの魅力や「おいしい記憶」に
ついて語っていただきました。

「きゅうりの糠漬け」

「きゅうりの糠漬け」

第5回「あなたの『おいしい記憶』をおしえてください。」コンテスト
キッコーマン賞受賞作品。
「おいしい記憶」が蘇った瞬間に奇跡が起きる。

「きゅうりの糠漬け」を読んで

「きゅうりの糠漬け」を読んで

作品に対する
山本一力氏の
メッセージです。

幸せ広がれ

幸せ広がれ

第6回「あなたの『おいしい記憶』をおしえてください。」コンテスト
入賞作品。
「おいしい記憶」は幸せの記憶だった。

「幸せ広がれ」を読んで

「幸せ広がれ」を読んで

作品に対する
山本一力氏の
メッセージです。

コトコト、ホクホク

コトコト、ホクホク

第5回「あなたの『おいしい記憶』をおしえてください。」コンテスト
読売新聞社賞受賞作品。
妻が残した、あのときのままの味。

「コトコト、ホクホク」を読んで

「コトコト、ホクホク」を読んで

作品に対する
山本一力氏の
メッセージです。

「おいしい記憶をつくりたい。」TVCM

いっしょにたべよう 60秒

いっしょにたべよう 60秒

いっしょに
ごはんをたべよう。

おいしい記憶 フォトコンテスト 60秒

おいしい記憶 フォトコンテスト 60秒

もしも、
この国にしょうゆがなかったら。

たべておぼえたこと 60秒

たべておぼえたこと 60秒

わたしは、
この世界をたべておぼえた。

「おいしい記憶」特別番組コンテンツ,ストーリーテラー:中村俊介さん,2016年3月21日(月・振休)放送分

「おいしい記憶」放送全篇

「おいしい記憶」放送全篇

2016年3月21日 22:00より放送した特別番組
「おいしい記憶 ~今の私をつくってくれた あたたかな食の物語~」
放送された全映像をご覧いただけます。

エピソード毎の映像をご覧になる場合は、以下のサムネールよりご覧ください。

「きゅうりの糠漬け」

「きゅうりの糠漬け」

第5回「あなたの『おいしい記憶』をおしえてください。」コンテスト
キッコーマン賞受賞作品。
「おいしい記憶」が蘇った瞬間に奇跡が起きる。

幸せ広がれ

幸せ広がれ

第6回「あなたの『おいしい記憶』をおしえてください。」コンテスト
入賞作品。
「おいしい記憶」は幸せの記憶だった。

逆転勝利のハンバーグ & 活力の源、母の餃子

逆転勝利のハンバーグ & 活力の源、母の餃子

2016年1月30日、サッカーU-23の逆転勝利を陰で支えた物語。
楽天イーグルス松井裕樹選手の「おいしい記憶」。

コトコト、ホクホク

コトコト、ホクホク

第5回「あなたの『おいしい記憶』をおしえてください。」コンテスト
読売新聞社賞受賞作品。
妻が残した、あのときのままの味。

ナイツを育てた浅草の味

ナイツを育てた浅草の味

人気漫才コンビの"ナイツ"。「絶望」「地獄」。意外にも浅草に来た頃をそう振り返るナイツを救った「おいしい記憶」とは。

ぼくがいるよ

ぼくがいるよ

第5回日本語大賞。文部科学大臣賞受賞作品を映像化。一度は失われてしまった味覚。
その再生と、家族の笑顔の物語。

コーポレート・スローガン「おいしい記憶」を作りたい,「おいしい記憶」は、食にまつわる体験を通じて積み重ねられます。楽しさやうれしさといった食卓での時間や雰囲気。こころもからだもすこやかになっていきます。地球上のより多くの人がしあわせな記憶を積み重ね、ゆたかな人生をおくれるようお手伝いをしていきたい、という想いが込められています。

たくさんのご応募ありがとうございました,第7回あなたの「おいしい記憶」をおしえてください。コンテスト受賞者作品発表

このページのトップへ