ホームクッキング レシピ

携帯・スマホでレシピ検索

トップ > レシピ > 料理のことわざ

あ行

  • [あ] 開いた口に牡丹餅 青菜に塩 秋なすび嫁に食わすな 朝しょうが夕さんしょう あつものにこりて膾(なます)を吹く 油に水 油を売る あまってたらんは餅の粉 網にかかった魚 あんこうの待ち食い
  • [い] 家柄より芋がら いが栗も内から割れる。 医者とみそは古いほうがいい いつも月夜と米の飯 一升の餅に五升の取り粉 一滴舌上に通じて大海の塩味を知る いつも柳の下にどじょうはいない 今入(いまいり)三杯 芋の煮えたのご存じないか
  • [う] 飢えは食を選ばず 雨後の竹の子 牛に馬を乗りかえる 牛に対し琴を弾ずる 牛に引かれて善光寺まいり うどの大木 うなぎのぼり 瓜食うたままには居られず 瓜の皮は金持ちに柿の皮は乞食にむかせるのがいい うまくなるのとなくなるのと一緒
  • [え] えぐい渋いも味のうち 得食に毒なし 江戸っ子の梨を食うよう 絵にかいた餅は食われぬ えびおどれども川を出でず えびで鯛(たい)を釣る えぶなの出世 塩車のうらみ えんどうは日かげでもはじける 縁の下のあずき
  • [お] 大鴨がねぎ背負ってくる 大きなだいこん 大飯食い箸を選ばず おそまきの西瓜 お茶の子 お情けより樽の酒 おどろ木 桃の木 さんしょうの木 同じ釜の飯を食う 鬼に煎餅 鬼の留守の間に豆炒ってかもう

このページのトップへ

か行

  • [か] 偕老同穴 柿が赤くなれば医者が青くなる 垣根の竹の子 粕から焼酎 火中の栗 瓜田に履(くつ)を入れず かぼちゃの当たり年 雷汁 鬼に煎餅 鴨がねぎをしょってくる 雁も鳩も食わねば知れない
  • [き] きかずの一杯 きじも鳴かずばうたれまい 狐とるなら油揚で 木に餅のなる話 木によって魚を求む 茸とった山は忘れられない 京の生鱈 切りなしより盛りなし 禁断の木の実は甘い 金の茶釜七つもあるよう
  • [く] 食い物もあるのに鉄砲汁 食うてもその味を知らず 空腹は無上のソース 腐れはまぐりで口が開かぬ 腐っても鯛 くじらが捕れれば七浦富貴 食ってすぐ寝ると牛になる 雲に汁 食わず嫌い 葷酒山門に入るを許さず
  • [け] 鶏口となるも牛後となるなかれ 下戸の粕汁 下戸の肴あらし 下戸の建てた蔵はなし 懈怠者の食急ぎ 下駄と焼みそ 玄関で茶漬 健康は富にまさる 献上の鴨 献上物の鯛
  • [こ] 高飛の鳥は美食に死す 五月のくされ鯛 穀つぶし 五臓六腑にしみわたる ごちそうか断食かどちらかにせよ こちの頭を嫁に食わせよ 今年はかぼちゃの当り年 ごまめでも尾頭つき こんにゃくに馬をつけたよう こんぶにさんしょう

このページのトップへ

さ行

  • [さ] 桜鯛 桜うぐい 雑魚の魚まじり 砂糖買いに茶を頼むな 鯖の生き腐り 猿の柿笑い 三月肉の味を知らず 三月ひらめ犬も食わぬ さんしょうは小粒でぴりりとからい 三寸まな板を見抜く さんまが出るとあんまが引込む
  • [し] しいら者の先走り 塩売りも手をなめる 塩からを食おうとて水をのむ 鹿の角を蜂がさしたる如し 蜆貝で海を量る 七五三料理も大根が出ねば調わず 芝居 こんにゃく いも かぼちゃ しゃこで鯛を釣る 重箱でみそをするよう 食前方丈一飽に過ぎず 汁を吸うても同罪 新米にとろろ汁
  • [す] 酸いも甘いも皆承知 酢がもどる 好きは身を通す からしは鼻を通す 空腹(すきばら)に茶漬 すくち空腹(すきばら) すしを押しつけたよう 雀の酒盃 雀の巣も食に溜る 酢でさいなむ 酢でもこんにゃくでも 酢でもしょうゆでも 食えぬものは食えぬ 酢といえば大根 酢につけ粉につけ 酢につけ酒しおにつけ すりこ木で芋を盛る すりこ木に羽が生えて天上する すりこ木の穴に糸を通すよう すりこ木を食わぬものはなし すり鉢に灸(きゅう) すり鉢にふたがない 酢をかう 寸馬豆人(すんばとうじん)
  • [せ] 井魚(せいぎょ)は共に大を語るべからず 井水(せいすい)大魚なし 清水に魚住まず 摂津(せっつ)の雑炊 大和のかゆ 芹摘(せりつ)む 千石万石も米五合 煎じつめる 膳の上一杯になる 前の字のつく国のくらげは食える 膳部揃うて箸をとれ 煎餅に金づち 千松
  • [そ] 即時一杯の酒 束修(そくしゆう) 爼上(そじよう)の鯉(魚) 反歯(そっぱ)の西瓜食い その手は桑名の焼蛤 その葡萄は酸っぱい
    The grapes are sour.
    そばにある炒り豆 そばの花見て蜜をとれ そばの花も一盛り 空上戸(そらじようご) 空飛ぶ雁を吸物にする 樽爼(そんそ)折衝

このページのトップへ

た行

  • [た] 大倉の梯米(だいくらのはしごまい) 醍醐味(だいごみ) 大道湯漬(だいどうゆづけ) 高い所に上がらなければ柿は食えない 耕さずして獲(え)んとす たくわんの重石(おもし)に茶袋 たこからげ ただなりとも食うべき餅に飴 田作りも魚の中 蓼(たで)食う虫もすきずき 棚から牡丹餠 他人の飯には骨がある 樽に充たざる酒は音がする 団子はくしに刺した方がいい 団子も餠のつき合い
  • [ち] 池魚の殃(わざわい) 馳走終らば油断するな 茶に酔うたよう 茶の子 茶腹も一とき 朝三暮四(ちょうさんぼし) 長者の脛(はぎ)にみそを塗る 提灯で餠をつく
  • [つ] 朔日(ついたち)ごとに餅食えぬ ついた餅より心もち 搗臼(つきうす)で茶漬食う 月とすっぽん 月夜に釜を抜かれる 月夜に米の飯 つまみぐい つまりざかな 爪のみ 釣り落とした魚 鶴九睾(きゅうこう)に鳴き、声天に聞ゆ 鶴の脛(はぎ)も切るべからず 鶴の一声
  • [て] 亭主三杯客一杯 泥酔 手塩にかける 適度に飲食して医者を無視せよ
    Feed by measure and defy the physician.
    手酌五合たぼ一升 手酌は恥のもと 手作りのみそは塩からい 手みそ酒盛り 手盛り八杯 手盛りを食う
  • [と] 豆腐で足つく 豆腐で歯をいためる 豆腐に鎹(かすがい) 登龍門 徳利に口あり 鍋に耳あり 徳利にみそを詰める どじょうの地団太(じだんた) とどのつまり 土用丑(どよううし) 鳥の唄よりパン
    Bread is better than the songs of birds.
    鳥を食うとも どりを食うな 鳶(とんび)に油揚をさらわれる

このページのトップへ

な行

  • [な] 泣いてもらい笑って食べる ないもの食おうが人のくせ 長居鷺(ながいさぎ)は汁になる 流れがすみ 泣く口には食われるが笑う口には食われぬ 梨の礫(つぶて) 夏は鰹(かつお)に冬鮪(まぐろ) 七皿食うて鮫(さめ)笑い 七彦のかゆ 何事も酒でなければ始まらぬ 菜の花に塩をかけたよう 鍋が釜を黒いという
    The pot calls the kettle black.
    鍋にとじぶた 生麦 生米 生卵 汝の顔に汗してパンを食うべし
    In the sweat of thy face shalt thou eat bread.
    何なら茶漬
  • [に] 煮え切らぬ 煮え湯に水をさす 煮え湯をのませる におい松たけ味しめじ にぎり酒盛り 苦(にが)ひさごにも長所(とりえ)あり 肉を割(さ)いて腹に充たす 肉をもって蟻(あり)を去る 乳臭(にゅうしゅう) 煮ても焼いても食えぬ 二兎(にと)追うものは一兎(いっと)も得ず
    One who runs after two hares will catch neither.
    女房となすは若いがいい 鶏には麦粒の方がダイヤモンドよりありがたい
    A barleycorn is better than a diamond to a cock.
    鶏を割(さ)くに何ぞ牛刀を用いん
  • [ぬ] ぬかに釘 ぬかの中で米粒を探す ぬかの中の粉米 ぬかみそは日に三度底からまぜろ ぬかよろこび ぬかをねぶって米に及ぼす 盗人上戸(ぬすっとじょうご) 盗んだ水はあまい
    Stolen water are sweet.
    塗箸でなまこをおさえるよう ぬれ手で粟
  • [ね] 寝入り小僧にかゆかける ねぎと下手な浄瑠璃は節がない 猫に鰹節の番 猫の魚辞退 猫の精進 猫も杓子も 猫も茶を飲む 寝ていて牡丹餅食えぬ 根の苦いとろろ(とろろ芋)は葉も苦い 粘りても餅屋の女房は上手 根深ぞうすい しょうが酒 根堀り葉堀りごぼうの根まで 練馬だいこんのよう
  • [の] のいて通せ酒の酔 軒の熟柿(じゅくし)がうなづくばかりうんだも潰れたともいわぬ 熨斗(のし)、鮑(あわび)を添える のっぺら汁に芋の子 のどが渇く のどがなる のどもと過ぎれば熱さを忘る のどもと過ぎれば鯛も鰯も 野鳥の献立 呑みもきらず かみもきらず 呑んだり吐きだしたりする 飲まぬ酒に酔いはせぬ

このページのトップへ

は行

  • [は] ばかの大食い はじかみの置き合わせ はしご酒 箸をおくとそのまま はすの実が飛び出たよう はぜは飛んでも一代 うなぎはのめっても一代 畑にははまぐり バター付きのパンに苦情をいうなかれ
    Never quarrel with your bread and butter.
    八里半 初の餅を食いたい 花より団子 母方より食い方 早く実れば早くくさる
    Early ripe early rotten.
    早飯も芸の中 腹が食わずに目が食う 腹鼓を打つ 腹に味わう 腹量りて食らい形を計りて着よ 春は晩食後三里 般若湯
  • [ひ] 火うち箱でみそを焼く 日かげの豆も時がくればはぜる 干潟(ひがた)の鰯(いわし) 干かますのよう 彼岸がくれば団子をおもう ひじきの行列のよう 日田の紅いか 人至って賢ければ友なし水清ければ魚住まず 一つ鍋のものを食う 一粒選り 人は種をまいたように刈り入れをするべきである。 人はパンのみに生きるものにあらず 独り者のごっくり飲み 人を茶にする ひながかえらぬ中に数えるな 姫路の冷飯 冷飯から湯気が立つ 百里に米を負う 日向(ひなた)に氷 日向貧乏 ひょうたんでなまずをおさえる 昼九 夜八 船六
  • [ふ] ふかの寝食い ふきみそをなめたよう ふぐ食う無分別ふぐ食わぬ無分別 ふぐ好きで灸きらい ふぐにあたれば鯛にもあたる 富士見酒 豚に念仏猫に経 豚を盗んで骨を施す 釜中(ふちゅう)の魚 プディングの味は食べてみなければわからない ぶどう酒は樽の味がする ぶどう酒は老人のミルクである。 鮒の泥に酔うたよう 鮒の仲間に鮒が王 冬だいこんは彼岸なかば 冬の氷売り フライパンから飛び出して火の中へ 古い友達と古いぶどう酒が一番いい 風呂桶でごぼう洗うよう 分米相応(ぶんまいそうおう)
  • [へ] 平ニが瓜を作れば源太坐してそれを食う 可盃(べくさかずき) へそ茶を沸かす へたな庖丁百ぺん洗え へちま野郎 蛇が蛙を呑んだよう 部屋見舞に卯の花 ぺろり山椒みそ 弁当初め 弁当は宵から芝居は朝から 弁当鍋枕にならず 弁当持ち先に食わず
  • [ほ] 房州の炒り倒れ 炮烙野郎(ほうろくやろう) 法論(ほうろん)みその夕立 頬がえしがつかぬ 干だいこんに湯をかけたよう 牡丹餅で腰打つ 牡丹餅の塩の過ぎたのと女の口の過ぎたのは取り返しがつかない 牡丹餅は米 辛抱は金 ぼちぼち三升 骨つなぎする 骨までしゃぶる 骨を炊(かし)ぎ子を食う 盆すぎて鯖あきない 盆三日は嫁と姑が仲良くなる

このページのトップへ

ま行

  • [ま] 毎日すりこ木食わぬ者なし 舞々(まいまい)と鮨の飯は辻の犬も食わぬ まかぬ種は生えぬ。 まぎらを食わせる 真桑瓜(まくわうり)の皮は大名にむかせよ 正宗の刀でだいこんを切る 升(ます)で量(はか)って箕(み)でこぼす 待っている湯沸しは煮立ちがおそい まな板の鯉 眼(まなこ)とそば餅は、ねるほどよい 豆のもるよう 豆名月 豆を植え稗(ひえ)をとる 菽(まめ)を啜(すす)り水をのみ歓(かん)をつくす 豆を煮るのに豆がらをたく 豆を炒るよう 豆をまくよう 丸い卵も切りようで四角 まんじゅう手のもの 満を引き白をあぐ
  • [み] ミイラ取りがミイラになる 水到りて魚行く 水と魚 水をのみて腹をあぶる みそこしで水をすくう みそ塩の世話 みそすり坊主 みそ菜(さい)は千石取(せんごくとり)もならぬ みそに骨 みそのみそ臭きは食われず みそ豆は七里かえりても食え みそを揚げる みそを入れた塩はよそへ行かぬ 身でないものは骨膾(ほねなます) 南風をくった飴細工のよう 耳から入れるより口から入れよ 耳にごちそう みょうがは食えば物忘れする 三輪(みわ)そうめんで太い奴
  • [む] 昔の剣(つるぎ)今は菜刀(ながたな) 麦続飯(むぎそくい) 麦三日米二十日 麦飯とだいこんとにはあきぬ 麦飯で鯉釣る 麦わら鯛は馬も食わぬ 武蔵坊(むさしぼう)の居食い 虫酸(むしず)が走る むせぶによって食を廃す むつごろう 無明(むみょう)の酒に酔う
  • [め] 茗(めい)をすする 命(めい)は食にあり 名物にうまいものなし 牝牛(めうし)に腹をつかれる 牝牛の角を定規にする 目が物食う 盲にぐみ食わせる 飯粒で鯛釣る 飯と道とは早いほどいい 目に青葉 山ほととぎす初鰹 目もとの塩 雌鶏(めんどり)すすめて雄鶏(おんどり)ときをつくる 麺類の中では牡丹餅(ぼたもち)がいい
  • [も] 目食耳視(もくしょくじし) もとの焙烙(ほうろく) 餅がゆの節供 餅の中の籾(もみ) 餅は乞食に焼かせ魚は大名に焼かせる 餅腹三日 餅屋もち食わず 餅屋は餅屋 餅より餡(あん)で高くなる 餅より粉に減る 物はいい残せ 菜は食い残せ 桃栗三年柿八年 柚は九年で花盛り 股(もも)をさいて腹に充たす もんで味出せ干しだいこん

このページのトップへ

や行

  • [や] 八百善を茶漬けにする 八百屋に看板なし 薬罐(やかん)でたこをゆでる 焼鳥に捉緒(ヘお)をつけよ 焼き餅を焼く 夜食すぎての牡丹餅 弥助 やせ子の酢好み 雇う法師はみそを嫌う 宿屋の飯も強いねば食えぬ やぶ医者の薬味たんす 山雀(やまがら)金魚で煮ても焼いても食えぬ 山雀(やまがら)のくるみまわし 山くじら 山でうまいもの おけら ととき嫁に食わすな 山に登りて魚を求む 山の芋うなぎとなる 山の芋をかば焼きにする 山の神におこぜ見せるが如し 楊桃(あげもも)のえりぐい
  • [ゆ] 湯陰酒陽 夕顔のつるに挾み箱 夕食ぬきでねる方が借金背負って翌朝起きるよりましである 夕立にあった吊るし柿のよう 雪道と魚の子汁は後ほどよい 湯七分に泡八分 ゆでだこのよう 湯腹も一時 指をくわえる 夢に牡丹餅 熊野(ゆや)松風に米の飯 湯を水にする 湯を沸かし火を引く 湯を沸かし水に為す
  • [よ] よい酒はよい血を作る 酔いざめの水は甘露の味 よう飯蛸(いいだこ)酢みそお上がり よくなし者の煮ぶくれ 夜寒郎麦好(よざむろうむぎよし) よその米の飯より内のかゆ 淀川の杭(くい)で大杭の長杭 蓬(よもぎ)にまじわる 夜の蜘蛛(くも)は夜露蜘蛛(よろこんぶ) 夜の昆布は見逃すな 夜の酌は八分目 よわい延ぶる歯がため

このページのトップへ

ら行

  • [ら] 来年の果報は今年の稲で待つ らっきょう食って口ぬぐう らっきょうの皮をむいたよう 羅浮(らふ) 濫觴(らんしょう)
  • [り] 梨園(りえん) 李下の冠 瓜田の靴 溜飲が下る 流水あかず 戸ぼそ虫くわず 漁師の一散食い 良酒は看板を要せず 蓼虫(りょうちゅう) 葵菜(きさい)に移らず 両手にうまいもの 遼東(りょうとう)の豕(いのこ) 林間に酒をあたためて紅葉をたく 林中に薪(たきぎ)を売らず 湖上に魚をひさがず
  • [る] 累卵(るいらん)のあやうさ 居留守の柵さがし
  • [れ] 醴酒(れいしゅ)設けず 零落(れいらく) れんこんの穴にうなぎ 連木(れんぎ)で重箱を洗う 連木(れんぎ)で腹切る
  • [ろ] 浪人かわき 牢番の盗み酒 魯魚の誤り 六の餅 鹿鳴(ろくめい)の宴(えん) 魯酒(ろしゅ)薄くして邯鄲(かんたん)囲まる

このページのトップへ

わ行

  • [わ] 我が口に甘ければ人の口にも甘し 我が物食えばかまど将軍 我が家のかまど料簡(りょうけん) 我が家の米の飯より隣の麦の飯 湧く泉にも水がれあり わさびと浄瑠璃(じょうるり)は泣いてほめる 轍(わだち)のふな 渡りひよどりと戻りつぐみ わった茶碗をついで見る わにの口を逃れる
  • わにの一口 われ茶碗 笑い上戸泣き上戸 藁(わら)千本ありとも柱にはならぬ 藁をたく 割木(われぎ)に飯粒で木飯(きまま) 悪いものの煮肥え われから食わぬ上人なし われ鍋にとじぶた 我をして身後の名あらしむるよりは即時一杯の酒に如(し)かず 椀作りの欠け腕 椀より正味

このページのトップへ