トップ > レシピ > ヘルシー&ライフ > ドクターコラム > ドクター推奨!身体のあちこち健康堂 > 第4回 目の老化は40代から

老眼のはじまりと、対処法

昔から、老いは目と歯から始まるといわれています。特に、近くが見づらくなることに始まる老眼は、機能的な衰えを自覚する最初の症状といえます。

目の中には水晶体という、カメラのレンズに相当する組織があり、遠くのものや近くのものにピントを合わせる大切なはたらきをしています。

その水晶体が、年齢とともに固くなることで、近くのものにピントを合わせることができなくなるのが、老眼です。

40歳以上の20人に1人が「緑内障」

緑内障は視神経が眼圧などに侵されて、ものが見えにくくなる病気です。日本には200万人以上の患者さんがいると推定されますが、自覚症状が少なく、気づいた時には悪化しているケースも少なくありません。

緑内障で損なわれた視神経は元に戻ることはなく、薬物療法、レーザー治療、手術療法など進行を遅らせる治療法になります。定期健診による早期発見、早期治療が大事です。40歳を過ぎたら、1~3年に1回は、眼科で眼圧などの検査を受けるようにしましょう。

「白内障」は、早期発見が決め手

眼球の中でレンズの働きをしている水晶体が白く濁ることで、ものがかすんで見えたり、二重に見えたりして、視力が低下するのが「白内障」です。白内障は一種の老化現象ですから、高年齢の人ほど多く発症します。日常生活に支障がない程度であれば、点眼薬や内服薬により、白内障の進行を遅らせることができます。また、進行した場合は、手術をすることもあります。

最近では、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの合併症として、若い人の発症も増えています。

糖尿病、高血圧と目の病気

糖尿病の合併症の一つである糖尿病性網膜症は、症状が自覚されないうちに進行し、自覚症状が現れたときには、失明の危険性があることも多いのです。

糖尿病になって、数年から10年くらい経ってからかかることがわかっているので、しっかりと血糖コントロールすることで、予防が可能です。糖尿病の患者さんは定期的に眼科を受診し、眼底検査を受けることが必要です。

また、高血圧で起こる眼底の異常所見としては、動脈が細く狭くなる、網膜の出血や白斑、網膜・視神経乳頭の浮腫などがあります。眼底の血管すなわち網膜血管は、直接目で見ることのできる体内唯一の血管系であることから、眼底検査の結果が高血圧症などの診断や治療に広く利用されています。

重症の高血圧症に限ってみられる高血圧性網膜症は、高血圧の治療が即刻必要であることを示す重要なサインでもあります。ただし、血圧がコントロールされれば、高血圧性網膜症も改善されてきます。

目の健康によい「栄養」

●疲れ目には、ビタミンB群

疲れ目に特に重要な栄養素がビタミンB群です。ビタミンB1とB2は、視神経の働きを高めて視力の低下を防ぐ役割をしており、豚肉やさば、玄米などに多く含まれています。

また、れんこんにも目にいいビタミンB1が含まれています。ビタミンB2は網膜のはたらきを助けて目の充血を解消したり、視力回復にも役立っています。こちらはレバーや納豆、卵やのりなどに多く含まれています。B6は、目の調節機能をつかさどる水晶体と毛様体筋の主成分であるたんぱく質の吸収に不可欠です。多く含まれるのは大豆や牛乳、鮭、さばなどです。

●かすみ目には、にんじんなどのβカロテンを

疲れ目、かすみ目が気になる人には、にんじんがおすすめです。にんじんには、体内で必要に応じてビタミンAに変化する「βカロテン」が 豊富に含まれています。βカロテンは油と一緒に摂取することで、生で摂るよりも5~6割ビタミンAの吸収率がアップします。ビタミンAは、ドライアイにも効果があり、うなぎやほうれん草、かぼちゃにも豊富に含まれています。

●「ルテイン」の抗酸化作用で老化を防ぐ

ルテインとはカロテノイド(食品に含まれる赤、黄、オレンジなどの色素の総称)の一種で、人間の体では目の網膜にのみ含まれています。ほうれん草、ブロッコリーなどに多く含まれ、抗酸化作用により、老化を防ぐはたらきがあります。

目の細胞は光による酸化ダメージを受けることがありますが、ルテインの抗酸化作用によって目の酸化ダメージを防ぐことができます。

目にもよい食材をバランスよく摂るためにも、ホームクッキングのレシピを参考にされてはいかがでしょう。

このページのトップへ