トップ > レシピ > ヘルシー&ライフ > ドクターコラム > ドクター推奨!身体のあちこち健康堂 > 第5回 鼻は、健康の窓

「口呼吸」ばかりしていると…。

動物は普通、鼻だけで呼吸しますが、言葉を話す人間は、気管が鼻だけでなく、口ともつながっているため口呼吸もできるのです。

口呼吸には、口腔内や喉が乾燥し、空気中や口、喉に住み着いている細菌、ウイルスがろ過されないまま、直接、体に取り込まれ、粘膜に炎症が起きるなどの弊害があります。また、口の中が渇くために、唾液が不足し、口臭、歯周病、虫歯の原因ともなります。さらには、いびきや、睡眠時に呼吸が止まり、昼間、激しい眠気に襲われる睡眠時無呼吸症候群の原因になることも知られています。

口呼吸は、アトピーやアレルギー、肌荒れにも関係しているともいわれています。

「鼻呼吸」を意識するコツ

鼻呼吸は空気中のほこりを取り、乾燥した空気を適度な湿度にして、のどや肺にとって刺激の少ない空気にしてくれます。

ふだん、口呼吸している人が自然な鼻呼吸を身につけるには、昼間は意識して口を閉じ、鼻だけで呼吸するように心がけることです。背筋を伸ばし、胸を張り、腹式呼吸をします。

睡眠時は、鼻呼吸しやすいよう、鼻孔や鼻腔を広げる市販の器具を使うのも効果的です。マスクをかけて鼻は出して口だけ覆って寝るという方法もあります。

アレルギー性鼻炎(花粉症)について

アレルギー体質があって起きる鼻水や鼻詰まりもあります。アレルギー性鼻炎といって、この場合は目のかゆみや充血なども伴いがちです。

原因となる抗原には、スギ花粉やヒノキ、ブタクサなどたくさんあります。特定の時期にくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ等の症状が出るようなら、これらのアレルギー性鼻炎(花粉症)が疑われます。また季節に関係なく症状が出ているようならダニ、ハウスダストなどが抗原と考えられます。

症状がひどくならないためには、「睡眠をよくとること」「生活習慣に気をつけて免疫機能を保つ」「風邪をひかない」「タバコを控える」などが一般的にいわれています。

正しい「鼻毛の処理」

鼻の穴は、外部からの塵埃や粘膜からの分泌物が常に滞留し、また体温や湿気によって細菌の絶好の培地でもあるため、むやみに鼻毛を抜くと毛穴に雑菌が入り込み、化膿することがあります。また、鼻毛が少なくなると呼吸器のフィルターとしての機能低下にもつながります。「鼻毛を抜く」よりも鼻の穴から出てきた鼻毛を専用のハサミなどで短く切ったほうが良いでしょう。

正しい「鼻のかみ方」

■正しい鼻のかみ方としては
 (1)片方ずつかむ (2)強くはかまない(無理にかむと圧力で耳を傷めてしまう)
 (3)こまめに何度もかむ などがあげられます。
■奥に溜まった鼻を出す方法としては
 (1)入浴時にかむ (2)重曹食塩水を鼻にスプレーして吸引する
 (3)鼻を水洗いする などがおすすめです。
 (乳児は、耳に水が入ってしまうことがありますのでおすすめできません)
 鼻を上手にかむことは中耳炎や副鼻腔炎、蓄膿症や気管支炎などの症状を改善する一番の近道です。

鼻の健康にもいい「体質改善」のための「食事」

慢性的に鼻が悪い人はアレルギー体質であることが多いので、甘いものや水分、動物性たんぱく質や脂肪を多く摂り過ぎないことと、規則正しい食生活が大切です。

以下のような食材を摂るためにも、ホームクッキングを参考に、バランスのよい食生活を送るよう心がけましょう。

<花粉症に有効な食材>

●しそ、お茶
αリノレン酸やポリフェノールが殺菌、抗酸化作用を持ち、ヒスタミンを抑え、アレルギー症状を穏やかにする。
●乳酸菌(ヨーグルト)
腸内環境を整え、善玉菌を増やし、免疫を高める。
●魚介類(特に青魚)
刺激物質を穏やかにする
●いも類
ビタミンCや食物繊維が活性酸素を除去
●緑黄色野菜
βカロテンが鼻やのどの粘膜を強化
●根菜類
消化促進、整腸作用、解毒、血行促進
●ハーブ(ペパーミント)
殺菌、鎮静作用
●甜茶など
抗アレルギー作用

<参考文献>

  • 厚生労働省 花粉症Q&A集(平成21年花粉症対策用)

このページのトップへ