ホームクッキング レシピ

携帯・スマホでレシピ検索

トップ > レシピ > 食生活アドバイス > 気になる家族の食生活診断 > Vol.7 胃が弱くてやせ過ぎの妻を健康的に太らせるには?

気になる家族の食生活診断 Vol. 7
胃が弱くてやせ過ぎの妻を健康的に太らせるには?
妻は身長157cm、34kg。胃が弱い以外は健康で1年前までフルタイムで働いていました。本人もやせ過ぎを気にして健康的に太りたいと思っています。牛乳が飲めないのと、一度にたくさん食べられないものの、朝がいちばん食欲があるようです。時々甘いものを大量に食べますが、太れないのは栄養が足りていないせいでしょうか。
気になる家族のデータ
37歳 女性 専業主婦 慎重157cm、34kg
運動習慣=毎日30分のウォーキング
ペンネーム 幸せ者さん
気になる食生活
気になる食生活グラフ
間食

アボカド 1/4個

65kcal

おかき 1個

49kcal 0.2g

夜食
ご飯 軽く1杯(120g) 焼き魚 1/2切れ
202kcal 46kcal 1.1g
温野菜 (キャベツ・玉ねぎ) 焼きのり 1/8枚
26kcal 13kcal

 

 

 

 

※参考

身長157cmの成人女性の
標準体重は54.2kg
摂取カロリーは、1355kcal
(54.2kg×25kcalとして計算)

朝食
ご飯 1杯(きなこ・ごま)
332kcal
梅干し 1個
3kcal 2.2g
焼きのり 1/4枚
2kcal

具だくさんの味噌汁1杯(イリコ・わかめ、油揚げ、

なす・玉ねぎ・きのこ)
42kcal 1.5g
きゅうりのぬか漬け2切れ
4kcal 0.8g
メロン 1/8個
18kcal
昼食
トースト6枚切り 1枚(練りごま)
216kcal 0.8g
市販のミニにんじんコロッケ(肉なし・直径3センチ位)3個
103cal 0.5g
野菜のソテー(オリーブ油、かぼちゃ、アスパラガス、キャベツ)
183kcal 1.5g
キャベツ 1/2枚、プチトマト2個
18kcal
キッコーマン総合病院 臨床栄養科 管理栄養士のアドバイス
アドバイス1 一度に食べられなかったら、1日3食+軽食でバランスをとりましょう。
  あともう少し全体のカロリーを増やせるように、軽食やおやつを工夫してみましょう。  
 
  • 現在のBMI は13.8。BMI 18.5未満が「やせ」ということなので、少しずつでも体重を増やしていきたいですね。1日の総カロリーは標準の範囲ですが、太りたいということなら無理のない範囲で、1日トータル1360~1500kcal くらいを目指しましょう。
  • 病院では胃の病気などで少食になった方には、1人前を2回に分けて1日6回食事をお出しすることもあります。とはいえ、一般的に1日に何度も食事をつくるのは大変なので、3食以外に「軽食」を摂るのもおすすめです。
  • 軽食の内容は、うどんやサンドイッチなどにたんぱく源をプラスしたもの。3食で不足気味のたんぱく源を補うためにも、きつねうどんや月見うどん、またはツナやチーズを使ったサンドイッチや調理パンなど、主食と主菜になるものが組み合わせてあれば、お好みでかまいません。
  • 間食のおかきのかわりに、小さなおにぎりを食べるのもおすすめです。
 
  少食の方は、カロリーが足りている人でも不足しがちなカルシウムと鉄分を特に意識して摂りましょう。  
 
  • 朝食、昼食ともに、これといったたんぱく源を摂っていないのが気になります。これでは、ただでさえ不足しがちなカルシウムと鉄分が十分に摂れません。
  • 朝は食欲があるということなので、ぜひ納豆などの大豆製品か卵などを献立に加えてください。また、パン食の時には、苦手な牛乳のかわりにチーズやヨーグルトを組み合わせてもよいでしょう。
  • カルシウムと鉄分を補うには、赤身の肉も摂りたいもの。もしも油っこい料理が苦手ということなら、しゃぶしゃぶ風にゆでて、あっさりとぽん酢でいただくなど工夫してみてください。
 
  摂取カロリーが増えると同時に「塩分」まで増えないように注意しましょう。  
 
  • 昼食のコロッケや夕食のソテーなど調味料なしと判断して計算していますが、少なめの総カロリーに対して、塩分が少々高めなのが気になります。このままの食事でカロリーを増やすと塩分オーバーになりかねません。
  • 朝食の梅干しとぬか漬け、みそ汁の組み合わせは、塩分の高いメニューが重なっています。梅干しを毎日1個食べる習慣があるなら、低塩タイプのものがおすすめです。
  • 漬物は、ぬか漬けより塩分が抑えられる「浅漬け」や「酢漬け」もあります。 ホームクッキングの漬物レシピを参考にしてもよいでしょう。
  • みそ汁は具だくさんにすることでバランスもよくなり、塩分もカットできますので、1日1杯の習慣をぜひこのまま続けていただくとよいでしょう。朝は食欲があるということですので、おすすめの汁物・スープ(塩分1.5g以下)を以下に集めてみました。参考にしてください。

 


  たんぱく源も摂れる具だくさんの汁物 (1人前のカロリーと塩分)   

 (ホームクッキングより

 

 

トマトと焼き卵のスープ 74kcal、0.6g 鶏と根菜のしょうゆ汁 228kcal、1.0g
水菜と白菜、コーンの具だくさん汁 61kcal、0.8g 親子かき卵汁 168kcal、1.2g
豚バラ入り沢煮 56kcal、0.9g クレソンの和風卵とじスープ 104kcal、1.5g
豆乳汁 88kcal、1.0g    

 

 
アドバイ2 少食で食べられるものが限られていても、工夫次第で「健康的に太る」こと は可能です。無理せず、食べる量を少しずつ、バランス良く増やしていきましょう。
 

このページのトップへ