World Wide Kitchin
世界の家庭料理をその国の方たちがご紹介します。今回は チリ共和国です。
実施:96年6月14日
講師:エリアナ・アルバレスさん チリ大使館
チリ旗
南米のチリは、太平洋岸に沿って細くのびる共和国。
そして、「チリの自慢料理は、何といってもエンパナダス。」と語ったのは、今回料理を教えてくださった、チリ大使館のエリアナ・アルバレスさん。「エンパナダスはわたしの国のおふくろの味。」とおっしゃるだけあって、その手つきは手慣れたもの。 小麦粉を卵、ラードなどとともによく練り、パン生地のようなこの生地の中に、しょうゆで味付けした挽き肉を詰め、オーブンで焼きます。
料理 チリでは、中に詰める挽き肉は、塩のみの味付けだそうですが、しょうゆを加えるとコクがでておいしくなるそう。日本でいう、お惣菜パンといったところでしょうか?
このエンパナダス、独立記念日には必ずワインといっしょにいただくそうです。
特別な日に、エンパナダスでチリ式パーティーはいかがですか?
エリアナさん ※写真メニュー
(1)エンパナダス
(2)カルディジョ・デ・サルモン
(3)フラン・デ・ココ


チリ大使館
エリアナ・アルバレスさん

レシピ
--エンパナダス--
●材料(20個分)
[生地]
・薄力粉 1Kg
・生クリーム 80cc
・白ワイン 80cc
・全卵 1個
・卵黄 1個
・熱湯 11/2カップ
・ラード 1カップ
・塩 大さじ1
[たね]
・油 大さじ2
・たまねぎ 4個
・パプリカ 小さじ1
・チリパウダー
 小さじ1/2
・クミンパウダー
 小さじ1/2
・オレガノ(ホール)
 小さじ1/2
・牛ひき肉 1kg
・しょうゆ 60cc
・小麦粉 大さじ2
・固ゆで卵 3個
・干しぶどう 150g
・オリーブ(種なし)
 20個
・卵白 少々
(ツヤ出し用)

●作り方
(1)ボウルに薄力粉1Kgを入れ、白ワイン・生クリーム各80cc、全卵1個、卵黄1個(残った卵白は後でツヤ出しとして使用)を加えてよく混ぜる。
(2)熱湯11/2でラード1カップ、塩大さじ1を溶かし、粗熱がとれるまで混ぜる。
(3)(2)を(1)に少し加え、手粉をふってこねる。これをくり返し、固くなったら15分ねかせ、20等分して薄い円形にのばす。
(4)フライパンに油大さじ2を熱し、たまねぎ4個のみじん切り、パプリカ小さじ1を入れ、しんなりするまで炒める。チリパウダー・クミンパウダー・オレガノ(ホール)各小さじ1/2を加え、牛ひき肉1kgを少しずつ入れて弱火で炒め、しょうゆ60ccで調味し (水気があれば小麦粉大さじ2を加える)冷ます。
(5)固ゆで卵3個は1cm角にし、干しぶどう150gは水でもどしておく。
(6)打ち粉をして(3)をおき、下半分に(4)大さじ1〜2、(5)適量 、オリーブ(種なし)1個の順にのせる。縁を水でぬらし、上半分をかぶせてくっつけ、卵白少々をぬ る。残りも同様に。
(7)紙をしいた天板に(6)を並べ、200度オーブンで焦げ目がつくまで焼く。
※中につめる具は、前日に作っておくと、味がしみこんでいっそうおいしい。
※生地の薄力粉1Kgのうち、1カップは別にしておき、こねる段階で調節するとよい。


世界のしょうゆクッキングINDEXへ