World Wide Kitchin
世界の家庭料理をその国の方たちがご紹介します。今回は 英国です。
実施:97年11月20日(木)
講師:ジェーン・ギフォードさん 英国料理コーディネーター
イギリス旗
今月は英国のしょうゆを使った料理を紹介していただきます。
英国と一言でいっても、じつは、イングランド・スコットランド・ウェールズ・ノーザンアイランドの4つの国からなっているのをご存じでしたか?しかしその国土面 積は日本の約1/2という、小さな大陸です。その緑豊かな大陸の、伝統的なお料理をご紹介くださったのは、英国料理コーディネーターのジェーン・ギフォードさんです。
料理 作っていただいたお料理は、『ポークとセイジのホットウォーター・クラスト・パイ』
ポークとセイジは英国の伝統的な組み合わせだそうで、他に、チキンはエストラゴン、ビーフはホースラディッシュと組み合わせることが多いそうです。かわいらしい小さなパイの中には、タマネギやナツメグ、しょうゆなどで味付けされたポークとクランベリーソースのきれいな層が。
ジェーンさん クリスマスメニューにも、ぜひ加えたい一品です。
※写真メニュー
(1)ポークとセイジのホットウォーター・クラスト・パイ
(2)クリスマスケーキ
(3)スコーン


英国料理コーディネーター
ジェーン・ギフォードさん

レシピ
ポークとセイジのホットウォーター・クラスト・パイ
(RAISED HOT WATER CRUST PIE WITH PORK AND SAGE FILLING)
●材料(4人分)
[パイ生地用]
・パン用小麦粉 100g
・塩 小さじ1/2
・黒コショウ ひとつまみ
・ナツメグ(ひいたもの)
 ひとつまみ
・卵(小) 1個
・水 50・
・無塩バター 40g
・卵(つや出し用)
[フィリング用]
・豚挽肉 250g
・タマネギ(小) 1/2個
(みじん切り)
・セイジ(きざんだもの)
・アサツキ(きざんだもの)
・ナツメグ(ひいたもの)
・塩
・コショウ
・キッコーマン特選丸大豆しょうゆ
 大さじ1
・ワインビネガー 大さじ1
[クランベリーソース]
・クランベリー 約340g
・砂糖 大さじ3
・ジュース 約100cc
(アップル)
●すべてを鍋に入れ、煮る。

●作り方

(1)パイ生地用の小麦粉と調味料を大型のボウルに入れる。

(2)卵をほぐしてボウルの中央に入れ、上から小麦粉を少し振りかける。

(3)水とバターをゆっくり沸騰させる。
会場
(4)バターが溶けて水が沸騰したらすぐにボウルに入れた小麦粉にそそぎ込み、熱湯とバターの熱に直接ふれて卵が煮えてしまわないよう、ナイフで手早くかき混ぜる。 (バターと水は沸騰後も加熱を続けると、水分が蒸発してパイ生地の水分量 が変わってしまうので気をつける)

(5)なめらかな生地になるまでよくこねる。

(6)ビニール袋に生地を入れ、約30分おき、冷ます。堅くなりすぎるので冷蔵庫には入れないこと。

(7)生地の1/3を残し、残りを粉をふった台の上でのばす。薄ければ薄い程よいが、もちあげた時に切れてしまうほどは薄くしない。ジャムの空き瓶またはパイ型の外側にベーキングペーパーのような脂のしみない紙をかぶせ、その上にパイ生地を型の縁まで貼りつけ、端を折り込む。冷凍庫に約30分入れてかためる。

(8)アサツキを除いた、フィリングの材料を混ぜ合わせる。少量 を炒めてみて味見をする。

(9)パイ生地を冷凍庫から出し、ベーキングペーパーの内側の型をていねいに取り出す。さらにいっそう注意をしてパイ生地の内側のベーキングペーパーをはがす。

(10)パイ生地のケースにフィリングを詰める。挽き肉、クランベリーソース、アサツキ、挽き肉の順に重ねて詰める。中味は加熱すると縮むので、しっかりおさえつけて、ケースの口までびっしり詰めること。

(11)残りのパイ生地をのばして詰め物をしたパイケースにかぶせ、端をしっかり閉じて蓋をする。ブラシで溶き卵をパイ全面 に塗り、蒸気を逃がすための小さな穴をあける。

(12)あらかじめ200℃に温めたオーブンで約30分、またはパイがキツネ色になるまで焼く。あつあつでも少し冷めても、冷たくなってから供してもよい。


世界のしょうゆクッキングINDEXへ