World Wide Kitchin
世界の家庭料理をその国の方たちがご紹介します。
今回は
ギリシャ共和国 です。 実施:99年6月10日
講師:カテリーナ・ナガヤさん
(ギリシャ共和国大使館)
コーディネーター:山本道子先生 村上開新堂五代目

ギリシャ 今回は、ヨーロッパの東南に位置し、世界で初めての民主主義国家としても知られるギリシャ共和国です。「暖かい気候、青い海、香り高いオリーブオイル、おいしいチーズ…のんびりとしたところがギリシャのいいところ。」そう語ってくださったのは、今回お料理を教えてくださったカテリーナ・ナガヤさん。ギリシャの家庭料理は、その温暖な気候からよく育つというお野菜がたっぷり使われます。今回作っていただいたお料理の中から、ここでご紹介する“豚肉とキャベツの煮物”にも、その名の通 りキャベツがたっぷり。ギリシャでは、朝・晩の食事は簡単に済ませ、お昼に家族揃ってたっぷりといただくそう。ぜひ、週末のお昼に、ギリシャの気分を味わいながら、みんなで“豚肉とキャベツの煮物”を召し上がってみてはいかがでしょうか。
メニュー写真 カテリーナさん カテリーナ・
ナガヤ
さん
※写真メニュー:
インゲンのトマト煮込み(左)
豚肉とキャベツの煮物(右)
田舎風サラダ(中央後)
レモン風味チキンのオーブン焼き(中央前)
レシピ メイン 豚肉とキャベツの煮物  Lachania
●材料(4人分)1カップ=200ml
・ブタヒレ肉            800〜900g
 (ひと切れ4×4cmのもの)
・キャベツ             1 1/2個
・タマネギ             1/2カップ
 (おろしたもの)
・デルモンテ・カット・トマト    1 1/2カップ
・エクストラ・バージン・オリーブオイル 3/4カップ
・塩                小さじ1と少々
・黒コショウ            小さじ1/4
・ワイン・ビネガー(赤)      大さじ2
・キッコーマン特選丸大豆しょうゆ  大さじ3

●作り方
(1) キャベツは1/4くらいに切り、固い芯の部分を取り除いて水洗いする。沸騰した湯にキャベツを入れ、約1分間ゆでて水気を切っておく。その後、ざく切りにする。
(2) 鍋にオイルを入れて熱し、肉を加えて十分火が通るように炒める。
(3) おろしタマネギを加え、肉と一緒に軽く炒める。
(4) トマトを加えて塩、コショウをふり、肉が柔らかくなるまでふたをして弱火で約1時間煮る。
(5) キャベツ、ワインビネガー、しょうゆを加え、キャベツが柔らかくなるまで弱火で煮る。 キャベツを煮すぎないように気をつけ、出来上がったときに汁が少し残る程度に調理する。 塩又は、しょうゆで味を調える。


世界のしょうゆクッキングINDEXへ