World Wide Kitchin
世界の家庭料理をその国の方たちがご紹介します。
今回は
ハンガリー共和国 です。 実施:1997年4月11日
講師: ペーテル・バラニャイさん(ハンガリー共和国大使館)
コーディネーター:山本道子先生(村上開新堂五代目)

ハンガリー共和国国旗 第21回「世界のしょうゆクッキング」は、ハンガリー共和国大使館のペーテル・バラニャイさんに、ハンガリーの家庭料理をご紹介いただきました。
ハンガリーは、ドナウ川の流れる東ヨーロッパに位置する国。首都ブダペストは、ドナウの真珠ともたたえられています。
<トマトスープ>は、トマトピューレーとタマネギとセロリでつくったスープに、小麦粉と油とパプリカでつくったルーを加えて漉し、マカロニを加えたものです。パプリカはハンガリーの特産物で、トマトピュレーとパプリカでとてもあざやかなハンガリーらしい赤色のスープに仕上がりました。
<アプリコットジャムのフォルカーチング>は、アプリコットソースをかけた揚げ菓子。バター、小麦粉、砂糖、バニラシュガー、卵黄、バーリンカ(アプリコットブランデ−)を混ぜた生地を独特なダイヤ型にして揚げたものです。アプリコットジャムとバーリンカを混ぜて温めたソースを上からかけていただきます。
<ハンガリー風鶏のパン粉揚げ>をご紹介しましょう。日本のチキンカツに似ていて親しみがもてますね。サワークリームの酸味がきいたタルタルソースでいただくのが、ハンガリー風。バラニャイさんいわく、減塩しょうゆもこのチキンカツによく合うとのこと。タルタルソースと一緒に添えました。お皿からはみだすような、1人分のチキンカツにびっくり。ハンガリーの人たちはたくさん食べるのだそうです。
ペーテル・バラニャイさん
ペーテル・バラニャイさん
メニュー写真
※写真メニュー: トマトスープ(手前左)
アプリコットジャムのフォルカーチング(奥左)
ハンガリー風鶏のパン粉揚げ(奥右)
レシピ
ハンガリー風鶏のパン粉揚げ RANTOTT CSIRKECOMB FILE

●材料(10人分)
・小麦粉 100g
・卵  3個
・パン粉  200g
・鶏骨なしもも肉(皮付き)  2kg
・ひまわり油  1リットル
・パセリ  1束
・塩  少々
・キッコーマン特選丸大豆しょうゆ 100ml
・フライドポテト(冷凍) 適宜
・タルタルソース
 マヨネーズ
 白ワイン
 サワークリーム
 グラーニュー糖
 塩こしょう
メイン料理


●作り方
(1) 鶏肉は身の方に塩をふって10分おく。
(2) 鶏肉に小麦粉、溶き卵、パン粉を順番につけ、180℃の油で揚げる。
(3) パセリの水気をよくふき、茎を取ってさっと揚げる。
(4) 揚げたパセリとフライドポテトを飾り、しょうゆとタルタルソースを添えて供する。
(5) 合わせにミニトマト、レタスなどをあしらってもよい。


世界のしょうゆクッキングINDEXへ