World Wide Kitchin
世界の家庭料理をその国の方たちがご紹介します。今回は オランダ王国です。
実施:97年10月9日(木)
講師:エンゲリン モルートロンプさんオランダ大使館公使夫人
コーディネーター:山本 道子先生 村上開新堂五代目 
オランダ旗
世界のしょうゆクッキング、オランダ編。
「オランダといえば“風車”と思いつく方も多いはず。オランダに風車が多いのは、国土の約2/3が大変低い海抜であるため、海水を内陸まで流さないために、海水止めとして使っているから。」そう教えてくださったのは、本日の講師、オランダ大使館公使夫人のエンゲリン モルートロンプさん。
料理 作っていただいたのは、レッドパプリカの肉詰めです。
日本の家庭でも緑色のピーマンを使って肉詰めを作りますが、教えていただいた肉詰めはオランダ産の大きなピーマンを使ったもので、オーブンを使って焼き上げるので形が崩れず、味も十分にしみ込んだものでした。


※写真メニュー
(1)チキンとパインのカクテル
(2)レッドパプリカの肉詰め
(3)ダッチアップルケーキ
エンゲリンさん

オランダ大使館公使夫人
エンゲリン モルートロンプさん

出た肉汁はコーンスターチを加えてソースに。しょうゆのたっぷり入ったこの料理、ご飯にもよく合いますが、マッシュポテトを添えてもおいしいそう。
見た目も味も申し分ないこの料理、夕飯のおかずに、おもてなしにもぜひどうぞ!
レシピ
レッドパプリカの肉詰め(RED RAPRIKAS STUFFED WITH GROUND MEAT)
●材料(4人分)
・赤ピーマン 4個
・牛挽肉 300g
・食パン 3枚
・牛乳 大さじ2〜3
(食パンに十分しみこませる)
・タマネギ(みじん切り) 1個
・卵 1個
・塩、こしょう
・ナツメグ
・ゴーダチーズ(おろしたもの)
 大さじ2(3〜6ヵ月のものがよい)
・バターまたはマーガリン
・ビーフストック 300cc
・パセリ(みじん切り) 大さじ2
・セロリ(みじん切り) 大さじ1
・ニンニク(みじん切り) 2片
・キッコーマン特選丸大豆しょうゆ
 大さじ2
・コーンスターチ
・ブロッコリ
・塩
・ショウガ(みじん切り)
・赤トウガラシ
(みじん切り、種を取り除く)
・野菜油またはごま油 小さじ2
 

●作り方
(1)赤ピーマンをよく洗い、先を2センチ切り取り芯と種を取り除く。

(2)挽肉に牛乳に浸した食パン、タマネギのみじん切り、卵、パセリ、セロリ、塩、コショウ、ナツメグ、ニンニク、しょうゆを加え、混ぜ合わせる。

(3)赤ピーマンに挽肉を詰め、上にチーズをのせる。
レッドカプリカ
(4)赤ピーマン1個にバターまたはマーガリンをひとかけずつのせ、油を塗った天板に並べる。

(5)スープストックを注ぎ、温めたオーブン(220度)で約1時間、時々焼き汁をかけながら焼く。

(6)赤ピーマンを取り出し、焼き汁にコーンスターチでとろみをつけ、ソースを作る。

(7)みじん切りのパセリを振りかけ、ご飯とブロッコリを添えて供する。
※ブロッコリの調理法
・小口に切り、塩を入れ沸騰した湯で約3分ゆでる。
・油でショウガと赤トウガラシを炒める。
・ブロッコリを加え、野菜油またはごま油でかき混ぜながら炒め、足りなければ塩を加えて味を調える。


世界のしょうゆクッキングINDEXへ