World Wide Kitchin
世界の家庭料理をその国の方たちがご紹介します。
今回は
パナマ共和国 です。 実施:1995年12月20日
講師: マリア・ガブリエラ・メンデス・フェリックスさん(パナマ共和国大使館)
コーディネーター:山本道子先生(村上開新堂五代目)

パナマ共和国国旗 第10回「世界のしょうゆクッキング」は、パナマ共和国大使館のマリア・ガブリエラ・メンデス・フェリックスさんに、パナマの家庭料理をご紹介いただきました。
パナマは北米大陸と南米大陸をつなぐ位置にある、パナマ運河で有名な国です。
<小エビのサラダ>は、ゆでたエビをたまねぎ、マスタード、オリーブオイル、ライムジュース、ホットチリソースを混ぜたものに漬け込んだサラダです。
デザートの<グロリアスープのデザート>は、シナモン風味のシロップにたっぷり漬けたカステラの上に、コンデンスミルクとエバミルクとシロップを合わせ火にかけ、とろみをつけたソースをかけます。さらにブランデーとシナモンをかけた、甘みたっぷりのデザートです。
今回は<タマル鍋>をご紹介しましょう。<タマル>というのは、中南米に広く見られる料理で、とうもろこし(粉)を使った料理です。とうもろこしの皮などを使って仕上げられることが多いようですが、この料理は鍋で作るものです。ともろこしの粉、鶏肉、豚肉、ケッパー、オリーブ、プルーン、ウスターソース、しょうゆ、マスタードなど、材料の組み合わせが面白いですね。
マリア・ガブリエラ・メンデス・フェリックスさん
マリア・ガブリエラ・メンデス・フェリックスさん
メニュー写真
※写真メニュー: 小エビのサラダ(手前右)
グロリアスープのデザート(奥左)
タマル鍋(手前左)
レシピ
タマル鍋

●材料(15-17人分) 1カップ≒240cc
・鶏胸肉 3枚(皮をとり、繊維にそって長さ5cmの細切り)
・豚ロース肉 5枚(脂をとり、1cmの角切り)
・肉の下味用
 塩
 黒こしょう
 たまねぎ 2個(粗みじん切り)
 にんにく(つぶしたもの) 1片
 ピーマン(赤、緑)4〜5個
 (種をとって5mm長さの細切り)
・トマト 2個(皮をむき粗みじん切り)
・たまねぎ 大1個(みじん切り)
・にんにく 1/2個(つぶしたもの)
・コーンミール 450g
・水 4 1/2〜5カップ
・固形ブイヨン(チキン) 3〜4個
・キッコーマン特選丸大豆しょうゆ 大さじ1
・ウスターソース 大さじ2
・マスタード(アメリカンタイプ) 大さじ2
・ケッパー 50g
・スタッフドオリーブ 20〜30個
・種なしプルーン 200g〜300g
・ホット・チリソース 大さじ1(タバスコで代用)
・オリーブオイル 大さじ1
メイン料理


●作り方
(1) 肉は別々に下味をつけ、一晩おく。
(2) 鶏肉を漬け汁ごとオリーブオイルで炒める。別の鍋に豚肉を漬け汁ごと入れ、肉がくっつかない程度に水を足し、水気がなくなり、肉に火が通ってきつね色になるまで火にかける。
(3) オリーブオイルでピーマンを炒め、続いてたまねぎを加えて炒める。最後にトマトを加える。
(4) 大きな鍋にコーンミール、水、砕いた固形ブイヨン、しょうゆ、ウスターソース、マスタードを加え、とろみが出るまで約5分、かき混ぜながら煮る。
(5) 鶏肉、豚肉、炒めておいた野菜類を加える。
(6) 必要に応じて固形ブイヨンを加えて塩味を調え、さらに10分くらい煮る。


世界のしょうゆクッキングINDEXへ