World Wide Kitchin
世界の家庭料理をその国の方たちがご紹介します。今回は スイス連邦です。
実施:96年7月10日(水) モドネ・シルヴィアンさん(スイス大使館)
スイス旗 今回しょうゆを使ったお料理を教えていただく方は、スイス大使館のモドネ・シルヴィアンさんです。スイスはドイツ、フランス、イタリアに囲まれた小さな国。そんなスイスでもアジア料理の浸透にともなって、しょうゆも使われるようになっています。
チーズフォンデュ 今回作っていただいたお料理は、「セルヴェラサラダ」。セルヴェラとはソーセージの名前です。夕食やおもてなしの前菜として人気のサラダ。そんなサラダのドレッシングにしょうゆを加えて、ちょっとオリエンタルな味わいに。
このサラダはスイスの代表的な料理、チーズフォンデュにもぴったり。スイスでは、パンを添えて朝食にしたり、みんなが集まる日曜日などに作るそうです。
なんといっても、材料を切って、食べるときにドレッシングとあえるだけ、という手軽さが魅力。ぜひ今晩の食卓にどうぞ!
モドネさん スイス大使館
モドネ・シルヴィアンさん
スイスでもアジア料理の浸透とともに、しょうゆはなじみのものに。
今回は夕食やおもてなしの前菜として人気のサラダのドレッシングに加えて、ちょっとオリエンタルな味わいにしてみました。
このサラダはフォンデュにもよく合うんですよ。
レシピ セルヴェラサラダ
●材料(4人分)
・セルヴェラソーセージ2本
(なければフランクフルトソーセージ4本)
・グリエールチーズ100g
・トマト1個
・さやいんげん(缶詰)1缶
<ドレッシング>
・しょうゆ大さじ1
・マスタード小さじ1/2
・ワインビネガー(白)大さじ1
・塩、こしょう各適量
・サラダ油大さじ3

●作り方
(1)セルヴェラソーセージ2本(なければフランクフルトソーセージ4本)の皮をむき、5mm厚さの輪切りにする。
(2)グリエールチーズ100gとトマト1個を8mm角に切り、さやいんげん(缶 詰)1缶は汁気をきっておく。
(3)ドレッシングを作る。しょうゆ大さじ1とマスタード小さじ1/2を合わせたら、ワインビネガー(白)大さじ1を加え混ぜ、塩・こしょう各適量 で調味する。さらにサラダ油大さじ3を加えてよく混ぜ合わせる。
(4)器に(1)、(2)を盛り合わせ、(3)をかける。
※セルヴェラソーセージは、セミドライのソーセージで、フランクフルトに似ている。
※写真はフランクフルトを使用。
※マスタードは酸味の少ないものの方がおいしい。
※ワインビネガーが手に入らないときは、酢を使ってもよい。
※サラダを冷蔵庫で冷やすと、味わいが増す。
 


世界のしょうゆクッキングINDEXへ