World Wide Kitchin
世界の家庭料理をその国の方たちがご紹介します。
今回は
ユーゴスラヴィア連邦共和国 です。 実施:2000年3月30日
講師:ヤスナ・ミリッチさん(ユーゴスラヴィア連邦共和国大使館)
コーディネーター:山本道子先生(村上開新堂五代目)

ユーゴスラビア国旗 今回の世界のしょうゆクッキングは、ユーゴスラヴィアの家庭料理をご紹介しました。
ユーゴスラヴィアは、ヨーロッパ大陸南東部に位置するドナウ川流域の国です。講師は、ユーゴスラヴィア大使館のヤスナ・ミリッチさんです。
<チェパチチ>は、挽き肉に卵、パプリカ、ベーキングパウダーなどを入れてよく練ったものを、絞り袋と手でソーセージ状に形づくり焼きます。食べる時に生の玉ねぎをのみじん切りを必ず添えるところがポイント。<プローヤ>は、コーンミールとサワークリームを使った、黄色の美しい食事の時に食べるユーゴスラヴィアのパンです。<チャイネ・キーフリッツェ>は、くるみをふんだんに使ったリッチなクッキーのようなお菓子。手で小さな三日月型に形づくり、色が着かないように焼き上げます。

今回は<カリフラワー・スープ>をご紹介しましょう。カリフラワー、にんじん、牛乳、卵、サワークリームを使った栄養満点のスープ。最後に火を止めたところに、卵とサワークリームを混ぜあわせたものを、かき玉汁のように流し入れます。最後に加えるディルとしょうゆがアクセントとなり、味も栄養もバランスのよい一品です。ぜひ、お試しください。
メニュー写真 ※写真メニュー:
カリフラワー・スープ(中央)
焼パプリカのサラダ(奥左)
プローヤ(奥右)
チェパチチ(手前左)
チャイネ・キーフリッツェ
(手前右)

ヤスナ・ミリッチさん
レシピ
カリフラワー・スープ Supa Od Karfiola
●材料(6人分)
・カリフラワー(中) …1個
・にんじん …2本
・小麦粉 …大さじ2
・牛乳 …200〜300ml
(スープの濃度によって調節)
・卵 …1個
・サワークリーム …100g
・サラダ油 …適量
・塩 …適量
・デイル …少々(みじん切り)
・キッコーマン特選丸大豆しょうゆ …大さじ1
・水 …1.5リットル
メイン


●作り方
(1) カリフラワーは小房に分ける。にんじんは太目のせん切りにする。(チーズおろしまたはスライサーを使用するとよい)。
(2) サラダ油でにんじんを炒める。柔らかくなってきたら、小麦粉を振り入れてさらに炒める。
(3) 水を加える。煮たてばカリフラワーを加え、柔らかくなるまで30分煮る。
(4) 牛乳200mlを加え、濃度をみて必要ならさらに加え、沸騰させる。
(5) その間に卵とサワークリームを混ぜ合わせておく。
(6) (4)の火を止め、(5)を加える。
(7) 塩とキッコーマン特選丸大豆しょうゆで味を調える。器に盛り、ディルを散らす。


世界のしょうゆクッキングINDEXへ