ニュースリリース
ニュースリリース ニュースリリースインデックスへ ニュースリリース

キッコーマン
タイに合弁で、デルモンテ製品の製造工場建設決定

2004年11月

 キッコーマン株式会社の100%子会社であるDel Monte Asia Pte Ltd.(デルモンテ・アジア社:DMA)は、2004年11月、タイ王国バンコク市に、River Kwai International (リバー クワイ インターナショナル社:RKI)と、Samroiyod (サムロイヨド社:SRY)と合弁で、デルモンテ製品の製造会社「Siam Del Monte Company Ltd.」(サイアム・デルモンテ社)の設立に合意し、タイ東部のトラット県に製造工場を建設することを決定しました。

 新工場建設により、伸長するアジア市場向けにテトラパックの新容器を導入し、デルモンテのコーン製品、パイナップル製品、フルーツカクテル製品などを製造します。当初販売地域は香港、中国、シンガポールを予定しています。
 これまで、DMAは、アメリカやアジアから缶詰製品を中心に仕入れ、アジア市場で販売しておりましたが、販売区域内に自社生産拠点を設立し、市場のニーズや成長に柔軟に対応できる製造体制を実現します。また、新容器を用いた、差別化した製品を市場に投入することにより、アジアの既存市場の一層の深耕と、新市場の開拓をはかります。出荷開始時期は2005年12月を予定、生産能力は年産約5千万個(400g/個 換算)でスタートする予定です。

 キッコーマン株式会社は、1990年、米国デルモンテ社から、アジア・オセアニア地域(フィリピンを除く)におけるデルモンテ加工食品の商標使用権および販売権を永久取得しました。
 1992年より、しょうゆの現地販売会社でもあるKikkoman Trading (S)(キッコーマン・トレーディング・シンガポール社:KTS)がデルモンテ製品の販売をはじめ、2001年には、KTSから醤油部門を分離し、社名をDel Monte Asia Pte Ltd.(デルモンテ・アジア社:DMA)と改名して販売体制を強化しました。
 現在、シンガポールやマレーシア、香港など、アジア・オセアニア各国(フィリピンを除く)で、コーン缶詰やパイナップル缶詰、フルーツカクテル缶詰などを販売しています。

 キッコーマングループのデルモンテ製品の生産拠点は、現在、日本国内で5工場(日本デルモンテ株式会社)が稼動しています。海外には生産拠点はなく、今回建設する新工場が初めての海外生産拠点です。


<会社概要>
会 社 名 Siam Del Monte Company Ltd.(サイアム・デルモンテ社)
本社所在地 タイ国バンコク市
工場所在地 タイ国トラット県
事 業 内 容 デルモンテ製品の製造(スイートコーンやクリームコーン、トロピカルフルーツカクテル、角切パイナップル、トマト関連製品など)
設 立 時 期 2004年12月
出荷開始時期 2005年12月予定
製 造 能 力 年産約5千万個(400g/個 換算)
資 本 金 額 1億5000万バーツ(約4億円)
*11/18現在レート 1バーツ=約2.60円

以上



キッコーマンTOPへニュース・リリースインデックスページへ
Copyright(C)2004 キッコーマン株式会社 All Rights Reserved.