ニュースリリース

キッコーマン、水セキュリティに対する取り組みにより CDP「Aリスト」に選定される

2020年02月04日

キッコーマンは、水セキュリティに対する取り組みとその情報開示により、国際NGOのCDP(*)で最高評価である「Aリスト」に初めて選定されました。

CDP DISCLOSURE INSIGHT ACTION A LIST 2019  WATER

 当社は創業以来「自然との調和」を大切に考え、「おいしい記憶をつくりたい。」をコーポレートスローガンに掲げています。環境活動では「おいしい記憶は豊かな自然から」を合言葉に、CEOを委員長とする「環境保全統括委員会」のもとで水保全を含む全社の環境保全体制を構築しています。

 当社の主要製品は水を原材料とするため、事業は水に依存しているとの認識に基づき、水関連の方針を策定しています。排水基準は法定基準よりも厳しく設定し、その自然環境に及ぼす影響を最低限に抑えるよう努力しています。また、グループ全体で効率的な水利用を継続的に推進するため、長期、中期、短期の環境方針を作成し、製造拠点の水使用量・排水量を管理しているほか、用水原単位と排水基準遵守を目標として進捗管理するなど、水関連の達成基準を設定しています。さらに、当社は国際的な水関連のイニシアチブ「CEO Water Mandate」に日本企業で初めて署名し、水のスチュワードシップを推進する行動の実践に努めています。

 当社は地域での環境教室の開催や環境保全活動の公開などにより、積極的にステークホルダーの啓発・教育活動も行っています。また、効率的な水資源の活用と省エネルギーを同時に進めることにより、環境との相関関係を認識しながら事業活動を行ってまいります。当社は、事業活動を通じて社会課題の解決に寄与することを目指し、積極的にSDGsの達成に貢献してまいります。

(*)CDP(本部:ロンドン)は、企業や自治体に、環境問題対策に関して情報開示を求め、また、それを通じてその対策を促すことを主たる活動としている非営利組織です。

以上