ニュースリリース
ニュースリリースニュースリリースインデックスへニュースリリース


キッコーマン
HACCP対応の清浄度を簡単に測定できる試薬キット
「ルシパック」新発売


1998年3月 News Release No.98017


image

 キッコーマン株式会社は、当社の販売する微生物汚染度測定器「ルミテスター」用の清浄度を簡単に測定できる検査試薬キット、「ルシパック」を、3月下旬より新発売します。

 当社は、従来から微生物汚染度測定器「ルミテスター」及び測定のための検査試薬を販売してまいりました。
 また、一昨年のO-157問題をきっかけに、食品製造現場の衛生管理は、ますます重要度を増し、国内でも、PL法や、HACCP対応の先進国である欧米並の水準が求められるようになってまいりました。
 しかし、従来の検査方法は、わずらわしいピペット操作を必要とし、「誰でも」「何処でも」「簡単」に、且つ「正確に」検査できる方法が求められておりました。

 そこで、この度、このピペット操作が不要なキット「ルシパック」を開発、新発売いたします。「ルシパック」は、ふきとり検査に必要なスワブ(綿棒)、抽出試薬、発光試薬、測定チューブの全てを、直径1.2cm、長さ19cmのスティックに収め、ピペット操作を必要としない、一体型の検査試薬です。

 操作は簡単。ルシパック本体から取り出したスワブで検査対象をふきとり、本体に戻したスワブをワンプッシュするだけ。あとは測定チューブをルミテスターにセットすれば、10秒で検査結果が得られます。超小型の測定器「ルミテスターC100」を使用すれば、作業台も不要。立ったままで検査が完了いたします。

 また、「ルシパック」の発売に合わせ、「ルミテスターC100」の値下げを実施。これらを組み合わせれば、より簡単に、より安価に検査ができるようになりました。

参考
 食品製造現場の衛生管理先進国である欧米では、ATP(アデノシン三リン酸)を指標とした衛生管理が普及しつつあります。
 この方法には大量のルシフェラーゼが必要となります。

 従来ルシフェラーゼは、ホタルの尾部より直接抽出していたため、1gのルシフェラーゼを製造するためには、約10万匹のホタルが必要で、極めて高価な上、品質のバラツキ、安定供給が出来ないなどの問題点がありました。

 キッコーマンは、1988年に独自の遺伝子組み換え技術により、大腸菌にゲンジボタルのルシフェラーゼ遺伝子を組み込み、大量生産する事に成功しました。この技術により高品質のルシフェラーゼを、大量、かつ安定的に供給する事が可能になりました。

 その後、この技術の実用化に着手、1990年4月には、紙パルプ工業向けに、白水(パルプの溶けた紙を漉く前段階の水)中の細菌測定用キット、ルシフェール-KP、同年11月には、実験室用のルシフェール-LU、そして1991年5月には、最も広汎な利用が可能なルシフェール-LUプラスを発売し、今回のルシパックの開発につながりました。

 これらのキットを使用する事により、従来、汚染されているか否かを判定するまでに、3日程度の時間がかかっていたものを、わずか10秒程度で測定する事が可能になり、平行して開発をすすめ、1993年より販売を始めたATP測定器「ルミテスター」と組み合わせる事により、より短時間で、正確に汚染度を測定できるようになりました。

 当社では、この技術がより広汎に、より簡単にご利用いただける様、今後とも、商品の開発につとめていく所存です。

1.品 名
 清浄度測定ふきとり検査試薬キット「ルシパック」

2.希望小売価格
 39,000円(消費税別)
 (100回測定用、10本入りアルミラミネート袋入×10袋)

3.用 途
 
食品製造環境の清浄度チェック

4.発売時期
 1998年3月下旬

5.発売地域
 全 国

6.製 造
 キッコーマン株式会社

7.発売元
  お客様問い合わせ先

   株式会社 盛進 
   〒103-0014
   東京都中央区日本橋蛎殻町1-4-1日本橋FKビル
   TEL 03-3669-2876
   FAX 03-3669-1684

付記

清浄度測定器「ルミテスターC100」価格改定

希望小売価格 現行 650,000円
       改定 550,000円
         (消費税別)

以上

「ルシパック」は、販売を終了いたしました。


ホームページへニュース・リリースインデックスページへ


Copyright(C)1998 キッコーマン株式会社 All Rights Reserved.