ニュースリリース
ニュースリリースニュースリリースインデックスへニュースリリース

 
キッコーマン高砂工場
環境管理の国際規格
「ISO-14001」を取得

1998年5月 News Release No.98026


98026.jpg (42634 バイト)

 キッコーマン株式会社の高砂工場は、この度、環境マネジメントシステムの国際規格“ISO-14001”の認証を取得しました。

 キッコーマン高砂工場は、当社の西日本における製造・物流拠点として中心的な役割を担っている工場です。また単一工場としては、生産能力11万klを超える世界最大の醤油製造工場でもあります。
 主な製造品目としては「キッコーマンしょうゆ」「本つゆ」「マンジョウ本みりん」など、主力商品の製造を行っています。

 当工場は、兵庫県高砂市の中央南岸部に位置し、地域社会との共生を最重点課題として、「工場をきれいにしよう」をスローガンに掲げ、環境問題に取り組んでまいりました。
 昨年からは、(1)サイト(工場自体)、(2)ローカル(地域)、(3)グローバル(地球)に配慮した環境マネジメントシステムの構築に着手。
 この度、イギリスの認証機関「SGSヤーズレイ」より認証を受けました。

 キッコーマンでは、1995年度より、製造部門を中心に、研究本部、総合病院等、国内事業所をはじめ、海外の製造工場、関係子会社まで含めて、ISO-14001に準じた内部環境監査を実施しております。
 ISO-14001の認証取得に関しては、昨年5月の野田プラントに続いて、今回の高砂工場が2拠点目となりますが、今後さらに取得拠点を拡大していく計画です。
 また、こうした認証取得などを通じて、更に環境と調和のとれた事業活動を展開し、より多くの皆様に愛される、社会にとって、存在意義のある会社をめざし、努力を続けてまいります。

以上


ホームページへニュース・リリースインデックスページへ


Copyright(C)1998 キッコーマン株式会社 All Rights Reserved.