イベント

老舗若旦那が集結! 食が集う~江戸・東京・日本橋

今も昔も食が集い、食の老舗が集まる江戸・東京・日本橋。鮨、鰻、蕎麦、すき焼きの老舗若旦那が集まり、江戸の食文化とその魅力、日本橋の食など、笑いありの楽しいトークを展開!各店からのお味見あり。

食のトークショー 老舗若旦那が集結!食が集う~江戸・東京・日本橋 

1.日 時

2018年12月8日(土)13:00~15:00

2.講 師

◆佐久間 一郎 氏 (「繁乃鮨」三代目)
1967年東京生まれ。大学卒業と同時に家業に入り、2001年三代目を継ぐ。魚問屋として創業した歴史から、魚の目利き力が受け継がれ、今も昔も魚の見極めに心を配る。趣味は、トライアスロン、ゴルフ、ランニング。日々、おいしい鮨を握るために、ジムに通い体を鍛える。
「繁乃鮨」は、明治期に魚問屋とて創業。その後、分家し「繁乃鮨」を1949年に日本橋に開店、現在にいたる。今も宮内庁の賢所に鮮魚をお納めしている。

◆岩本 公宏 氏(「日本橋 いづもや」三代目)
1975年東京生まれ。大学卒業後、横浜の鰻店で修業。三代目として「いづもや」へ戻る。受け継がれてきた味を守りながらも、伝統的な鰻料理を復活させたり、新たな鰻料理も開発。趣味のゴルフはプロなみ。
「いづもや」は、1946年に日本橋に創業。さっぱりとした味わいが多くの人に親しまれる。鰻の魚醤を使った“いづも焼き”は、ここでしか食べられない味。

◆水谷 弘 氏(「利久庵」三代目) 
1967年東京生まれ。大学卒業後、横浜の割烹で修業後。「利久庵」に戻り、三代目として現在にいたる。町会(室町一丁目會)では、長きにわたり企画運営などに携わり、また、江戸時代から町会と縁のある、神田祭の中心をつとめ、町会のまとめ役でもある。
「利久庵」は、1952年に日本橋室町に創業。今も昔ながらのスタイルを残し、居心地の良い雰囲気を醸し出す。更科蕎麦の他、定食や丼もの。多彩な酒の肴も提供。お昼の人気メニューは“納豆そば”。創業以来、日本橋のビジネスマン&ウーマンの活力源でもあり続ける。

◆宮本 尚樹 氏(「伊勢重」七代目) 
1981年東京生まれ。大学卒業後、レストラン会社に就職し、2010年から「伊勢重」に戻る。伝統の味を守りながら、これからの日本橋を担う若き七代目。特技は馬場馬術。全日本馬場馬術大会にも出場経験がある。
「伊勢重」は、1869年、日本橋小伝馬町に創業した、東京で最も歴史の長いすき焼き専門店。吟味した黒毛和牛を用い、肉の性質に合わせた“手切り”そして“割り下”“炭火”にこだわり、創業以来その技と味を守り続ける。

3.内 容

・トークと試食

4.定 員

60名(応募者多数の場合は、抽選のうえ、当選者のみにご案内)

5.会 費

1名 1,500円(税込)

6.申込方法

キッコーマンホームページからお申し込みください

※応募多数の場合、抽選のうえ、ご当選者のみに、事務局からメールにて、通知いたします。
※ご当選の場合「kcc@toseisha.co.jp]より、メールでご案内いたします。迷惑メールを設定されている場合「@toseisha.co.jp]からのメールを受け取れるように、設定をお願いいたします。
※ペアでお申込みいただけます。同伴者の欄にご記入ください。
※お子様のご同伴はご遠慮ください。

7.申込締切

2018年11月21日(水)

8.お問い合せ

03-3572-0360(キッコーマン KCC事務局HP係)
受付時間:平日(祝日を除く)10:00~17:00

会場のご案内

所在地

キッコーマン(株)東京本社KCC
〒105-8428 東京都港区西新橋2-1-1 興和西新橋ビル