お客様の声を活かしました

「うすくち」が「こいくち」より塩分が高いことを、ラベルに分りやすく表示

 

「うすくちを減塩のしょうゆと思って使ったら、ふだんのしょうゆよりも塩辛かったんですが」とお電話をいただくことがときどきあります。関西方面の方ですと馴染みの深いおしょうゆですが、とくに東日本の方ですと「うすくちしょうゆ」というものを味がうすいしょうゆと考えられる方もいらっしゃいます。「うすくち」は、元々日本農林規格(JAS法)という法律で決まっている名称で、「淡口」と書き、色をさします。塩分についてはむしろ「こいくちしょうゆ」よりも少し高めになっています。このしょうゆは料理素材の色や香りを活かすために使われるもので、初めての方は、味をみながら、少しずつお使いになられたらいかがでしょうか。このたび、「キッコーマンうすくちしょうゆ」の塩分や色について、ラベルに分かりやすく説明をいれました。ぜひ一度ご覧ください。