ピックアップ!第3回 キッコーおろしシリーズ

原材料と製法のこだわり

すりおろし果実シリーズは、りんご、白桃、バナナ、パイナップル、りんごマンゴーブレンドの5つの味種があり、厳選した果実を風味豊かにすりおろした人気の商品です。以下の商品特長があります。

1

当社の加工技術により、生の果物をすりおろしたものに比べて変色しづらいので、見た目にもおいしく召し上がれます。

2

砂糖不使用で、生の果物の栄養価とほぼ同等ですので、手軽に栄養を補なうことができます。

3

ユニバーサルデザインフードの区分3(舌でつぶせる)を取得しているので、果物をそのままでは食べられない高齢者や飲み込みにくい方にも、手軽に食事に取り入れることができます。

4

パウチを開封するだけですので、果物の皮を剥く、ミキサーにかける、といった作業を省くことができ、包丁、まな板、ミキサーなど調味器具を使うこともないので、厨房の調理、管理の負担を軽減できます。

そのまま提供するほかにヨーグルトに加えたり、カレー、シチュー、焼肉のたれなどの隠し味にも使えます。

ユニバーサルデザインフードとは?

日常の食事から介護食まで幅広くお使いいただける、食べやすさに配慮した食品です。「かたさ」や「粘度」の規格により分類された4つの区分を商品に表示しています。

現場の栄養士さんからの声

キッコーマン総合病院 診察技術部 猪瀬さん・工藤さん

当院では食欲のない方や、柔らかく消化の良い食事を必要とされる病態の患者さんへ、「すりおろしりんご」をデザートとしてご提供しています。すりおろしりんご自体に、わずかにゆるいとろみがついているため、噛むことが難しい方や嚥下(えんげ)が上手くできないような患者さんへの食事にも一部使用しています。りんごの甘み・酸味が活きているので、「手間をかけてすりおろしてくれてありがとう」と言われることもあります。朝食に提供した際はヨーグルトと和えたりアレンジして召し上がる方もいらっしゃいます。
「すりおろしりんご」は生のりんごに比べて変色しにくく、またすりおろす手間がないのでおいしさはもちろん、見た目も損なわずにより衛生的に使用できます。
りんごの他にもバナナや白桃、マンゴーなど、患者さんには飽きることなく召し上がっていただけると思います。

 

これぞ「お悩み解決人」!! 社員からのおすすめコメント

私が担当している病院では「パイナップル」「バナナ」「りんご」をご使用いただいております。現場の栄養士の方にお話を聞くと、生の果実を使うと、どうしても味にバラつきが出たり、ミキサーにかけても繊維が残ってしまったり、色が変わってしまうというお悩みがあるようです。「おろしシリーズ」はそういったお悩みが解決でき、自然なおいしさで、患者さんの食べる意欲や楽しみにもつながっていると大変ご評価いただいております。
また先日の震災では、「おろしシリーズがあって非常に助かった」とのご意見をたくさん頂戴しました。停電時はミキサーや冷蔵庫等が使用できないため、常温保存可能な上、そのまま使用できる「おろしシリーズ」が保存食としても活躍してくれます。
まさに“お悩み解決人”の「おろしシリーズ」!
ぜひお試しください!

(掲載日:2012年7月)

 

おすすめレシピはこちら