研究開発本部発!
食べ物が持つ健康パワー

食品の機能性について研究を行っているキッコーマン研究開発本部の農学博士が、食べ物が持つ健康パワーをおすすめ
レシピとともにわかりやすく解説します。

 

第2回「トマト」

栄養をスムーズに吸収

 トマトにはグルタミン酸やアスパラギン酸などのアミノ酸が豊富に含まれています。グルタミン酸やアスパラギン酸は、うまみの素として知られています。
 しかもグルタミン酸とアスパラギン酸は小腸ではたらき、栄養吸収を助けるという機能があります。ですからトマトやトマト製品を料理に使うと、ビタミンやミネラル、たんぱく質などの栄養成分の吸収を助けてくれます。

食物繊維が生活習慣病を予防

 

 トマトには生活習慣病を予防する成分が多く含まれています。トマトに含まれるセルロース、ペクチン、ヘミセルロースなどの食物繊維は、腸内細菌を増やして便秘を改善する効果があります。そのほか満腹感を促して食べ過ぎを抑え、血糖値の上昇を抑えて糖尿病を予防、血圧を下げて冠動脈疾患のリスクを軽減させる効果も期待されています。

リコピンがガンのリスクを軽減

 トマトには抗酸化力の強いリコピンと数種のリコピン類似成分が含まれています。これらのリコピン類は前立腺ガンなどさまざまなガンのリスクを減らしたり、白内障の発症を遅らせ、皮膚を紫外線から守る効果があると考えられています。リコピン類は少量の油と一緒に料理すると吸収されやすくなります。トマトやトマト製品を炒め物、煮物、サラダ、パスタなどでおいしく食べて、健康づくりに役立ててください。

トマトたっぷり!おすすめレシピ

 

 牛肉、なす、ズッキーニにトマトソースをかけて、電子レンジで加熱したスピード調理です。大さじ1杯のオリーブオイルがトマトに含まれるリコピンの吸収をアップ。グルタミン酸とアスパラギン酸が、暑さに負けないスタミナをつけてくれます。
 そのほかホームクッキングの食材とレシピ、トマトを使ったレシピではミートボールやサラダなど、トマトをたっぷり使ったレシピをご紹介しています。