写真:牛肉とごぼうの八幡巻き

薬効のあるごぼうは「細く長く生きる」という縁起かつぎ

調理時間
20分+
エネルギー
656kcal
塩分
1.5g
  • エネルギー・塩分は1人分です。
  • ごぼうの下処理時間除く

材料(4人分)

200g

1本(150g)

少量

大さじ1

(A)たれ

40ml

大さじ1

つくり方

  1. ごぼうは、よく洗って縦割りに4~6等分にして、米のとぎ汁1リットルくらいを使い水からゆでる。ゆで上がったら、水に通してざるに上げておく。
  2. まな板の上に巻きすを置き、ラップを敷いて牛肉100gを使って手前から帯のように広げて置き、その上に半分の量のごぼうを芯に置き、巻きすを使って巻き込み、たこ糸で両端をくくる。同じものを2本つくる。
  3. フライパンに油を熱し、(2)の肉の巻き終わりを下にしてフライパンに入れ、全体に同じように焦げ目をつける。
  4. 肉に焦げ目がついて、火が通ったら(A)のたれを一度に入れて煮つめて肉に絡め、味をつける。
  5. (4)が少し冷めたら包丁で4等分に切り、残ったたれを絡めて粉山椒をふって仕上げる。

    ※画像は盛りつけ例です。

関連レシピを探す