これまでの講習会 2012年

2012年12月18日(火)  季節と行事の講習会料理研究家に受け継がれる味(3)「杵島家のお正月料理」
村上昭子先生、杵島直美先生、きじまりゅうた先生と、三代続く料理研究家の家に受け継がれるお正月料理をご紹介しました。
講師:杵島 直美 先生、きじま りゅうた 先生(料理研究家)
2012年12月11日(火)  季節と行事の講習会料理研究家に受け継がれる味(2)「堀江家のお正月料理」
堀江泰子先生、堀江ひろ子先生、ほりえさわこ先生と、三代続く料理研究家の家に受け継がれるお正月料理をご紹介しました。
講師:堀江 ひろ子 先生、ほりえ さわこ 先生(料理研究家)
2012年12月7日(金)  季節と行事の講習会「季節を愛でる 京町家の暮らしと食<お正月>」
京都の町家「杉本家」に受け継がれる四季の暮らしと年中行事。江戸時代から続く杉本家のお正月のならいと料理を紹介しました。
講師:杉本 節子 先生(料理研究家・(公財)奈良屋記念杉本家保存会 常務理事・事務局長)
2012年12月5日(水)  食卓を豊かに彩る講習会「和風お惣菜でおもてなし料理」
野菜たっぷり、ヘルシーな和風お惣菜で、パーティー料理をコーディネート。クリスマス、年末年始のおもてなしにご紹介いたしました。
講師:河村 みち子 先生(料理研究家)
2012年12月4日(火)  食卓を豊かに彩る講習会料理研究家に受け継がれる味(1)「山本家の洋風おもてなし料理」
明治の初めから五代続く、老舗洋菓子店「村上開新堂」の家に受け継がれる洋風おもてなし料理を母娘でご紹介しました。
講師:山本 道子 先生、山本 馨里 先生(村上開新堂・料理研究家)
2012年11月26日(月)  食卓を豊かに彩る講習会「ご飯がおいしい中国のおかず」
陳先生お得意の四川風のピリ辛料理をはじめ、白いご飯にぴったりの中国のおかずをご紹介しました。
講師:陳 建太郎 先生(赤坂四川飯店)
2012年11月21日(水)  郷土料理講習会(22)「豆で広がる郷土料理」
栄養価の高い保存食として見直されている豆。豆や豆加工品をいかした郷土料理の中から、現代の食卓に取り入れたい料理をご紹介しました。
講師:渡辺 あきこ 先生(料理研究家)
2012年11月13日(火)  日本料理歳時記~おいしい旬を追って「初冬の滋味」
日に日に寒くなるこの時期は、滋味豊かな根菜などがおいしい季節。家族でほっと温まるような初冬の献立をご紹介しました。
講師:柳原 尚之 先生(近茶流嗣家・柳原料理教室副主宰)
2012年11月8日(木)  食卓を豊かに彩る講習会「ワインと楽しむおもてなし料理」
気軽にそしてちょっとおしゃれに、お家でワインと楽しみたい料理をご紹介しました。年末年始のおもてなしにもぴったり。
講師:寺田 真二郎 先生(料理研究家)
2012年11月6日(火)  健やかな食を提案する講習会「からだにおいしい 中国の家常菜ジャチャンツァイ(おかず) (3)」
季節の旬の食材を使った中国家庭料理と、中国の台所で受け継がれてきた食の知恵をご紹介しました。今回は豆乳と冬の食材を使った料理でした。
講師:ウー ウェン 先生(料理研究家)
京都の老舗若主人にきく「日本料理 伝統・現在・そして未来」全3回
伝統を受け継ぎながら、海外のトップシェフたちとも交流を持ち、幅広い視野で日本料理に接する京都の老舗若主人が、それぞれのテーマで、日本料理についてご紹介しました。日本料理、そして日本の食文化を再認識する講習会でした。
2012年10月20日(土)  各国の食文化を紹介する講習会第3回「日本料理 受け継ぎ伝えていきたいこと」
伝統と歴史が培ってきた日本の食文化の素晴らしさを再認識し、これからも受け継ぎ、伝えていきたい日本料理をご紹介しました。

講師:髙橋 義弘 先生(「瓢亭」十五代目)

江戸時代、京都・南禅寺参道で、茶店として庵を結び、1837年に料亭として暖簾をかかげた「瓢亭」の十五代目。懐石を基本とする伝統的な日本料理を受け継ぎながら、日本各地や海外で、茶会や料理教室やフォーラム、食育活動など多方面で日本料理の普及に努めています。
2012年10月10日(水)  各国の食文化を紹介する講習会第2回「日本料理 技術と進歩、そして国際化」
世界的に注目を浴びる日本料理。伝統を受け継ぎながらも、変化、進歩しています。グローバル化する国際社会の中での、日本料理をご紹介しました。

講師:髙橋 拓児 先生(「木乃婦」三代目)

京都の中心地、祇園祭りの鉾町に位置する、創業から76年の料亭「木乃婦」の三代目。ワインにも造詣が深く、日本料理を基本としながらも、最新の技法を取り入れた新しい形の料理を提供しています。
2012年10月4日(木)  各国の食文化を紹介する講習会第1回「日本料理と自然との密接な関係」
自然、風土の豊かさ、そしてそれらを尊重する日本人の精神が育んできた日本料理。そして今、どのように人は自然と向き合えばよいのか?日本料理と自然との関係を現代の感覚で紹介いたしました。
講師:中東 久人 先生(「美山荘」四代目)

京都の奥座敷“花背”にある、明治28年創業「美山荘」の四代目。自然と深くかかわる新しいスタイルの“摘草料理”を提供し、これが世界に通用する料理となることをめざしています。

2012年9月25日(火)  プロに聞く食材のはなし「日本のワインを味わう」
国産ぶどう100%で造ったプレミアムワインを試飲しながら、国産ワインの魅力や楽しみ方をご紹介しました。ワイン用ぶどうの実の試食も。
講師:竹村 重雄(マンズワイン(株))
2012年9月20日(火)  季節と行事の講習会「季節を愛でる 京町家の暮らしと食<秋のおばんざい>」
京都の町家「杉本家」に受け継がれる四季の暮らしと年中行事。京都の商家で育まれてきた日常のおかず“おばんざい”の持つ知恵と工夫と、秋のおばんざいをご紹介しました。
講師:杉本 節子 先生(料理研究家)
2012年9月19日(水)  食卓を豊かに彩る講習会「イタリアンシェフに習う 豆料理」
シェフがイタリアの昔ながらの豆料理をアレンジした、日本のテーブルで楽しみたい豆料理をご紹介しました。
講師:日高 良実 先生(「アクアパッツァ」オーナーシェフ)
2012年9月12日(水)  各国の食文化と料理の講習会「江戸の飯」
江戸時代の料理本の米飯料理から、現代の食卓でまねしたい、風情あるアイディア飯をご紹介しました。
講師:福田 浩 先生(「なべ家」主人)
2012年8月30日(木)  健やかな食を提案する講習会「からだにおいしい 中国の家常菜ジャチャンツァイ(おかず) (2)」
季節の旬の野菜を使った中国家庭料理と、中国の台所で受け継がれてきた食の知恵をご紹介しました。
今回は秋に向けての料理でした。
講師:ウー ウェン 先生(料理研究家)
2012年8月28日(火)  郷土料理講習会(21) ~各地の家庭料理の知恵を食卓に~「発酵で楽しむ 郷土料理」
各地の郷土料理の中から発酵食材を取り入れた料理をヒントに、現代の食卓で発酵を楽しむ料理をご紹介しました。
講師:渡辺 あきこ 先生(料理研究家)
2012年8月24日(金)  健やかな食を提案する講習会「発酵でヘルシー 薬膳料理」
中医学の考えに基づき、身近な旬の食材と発酵食材を使った、こころとからだを健康にする料理をご紹介しました。
講師:村岡 奈弥 先生(料理研究家 中医薬膳師 国際中医師)
2012年8月6日(月)  各国の食文化と料理の講習会「発酵をいかした 中国料理」
中国で培われてきた様々な発酵調味料や発酵食をご紹介しながら、それらをいかした料理を習いました。
講師:田村 亮介 先生(「麻布長江 香福筵」オーナーシェフ)
2012年7月30日(月)  食卓を豊かに彩る講習会「プロに習う 夏のスパイシーな中国料理」
中国料理ならではの、スパイス、香味野菜、ハーブを使いこなした夏にぴったりの料理をご紹介しました。
講師:小林 武志 先生(「御田町 桃の木」オーナーシェフ)
2012年7月27日(金)  日本料理の基本を伝える講習会「定番家庭料理の基本 昭和の味<洋食>」
ちょっと懐かしく、みんなに愛され続けてきた家庭料理、定番の味の基本をおさらいしました。
今回は家庭で親しまれてきた洋食の味をご紹介しました。
講師:田口 成子 先生(料理研究家)
2012年7月24日(火)  日本料理歳時記~おいしい旬を追って「暑気払いの献立」
盂蘭盆会(うらぼんえ)の献立にも良い暑気払いの料理をご紹介しました。
講師:柳原 尚之 先生(近茶流嗣家・柳原料理教室副主宰)
2012年7月20日(金)  食卓を豊かに彩る講習会「女子のための豆乳レシピ」
女性にうれしい成分がいっぱいの豆乳をアレンジした料理をご紹介しました。
豆乳の新しい魅力を発見しました。
講師:寺田 真二郎 先生(料理研究家)
2012年6月26日(火)  季節と行事の講習会「季節を愛でる 京町家の暮らしと食<祇園祭の頃>」
京都の町家「杉本家」に受け継がれる四季の日々の暮らしと年中行事。
夏のハレの祭り、祇園祭の頃の料理と屏風飾りなど室礼の様子をご紹介しました。
講師:杉本 節子 先生(料理研究家・(公財)奈良屋記念杉本家保存会常務理事兼事務局長)
2012年6月20日(水)  日本料理の基本を伝える講習会「定番家庭料理の基本 昭和の味<中華>」
ちょっと懐かしく、みんなに愛され続けてきた家庭料理をご紹介しました。定番の味の基本をおさらいしました。
講師:髙城 順子 先生(料理研究家)
2012年6月13日(水)  食卓を豊かに彩る講習会「初夏を彩るフルーツをいかしたフランス料理」
果物が持つ香り、酸味、甘味をフランス風にいかした、初夏らしいさわやかな料理をご紹介しました。
講師:保坂 慎一 先生(「ル・ブション」オーナーシェフ)
2012年6月7日(木)  食卓を豊かに彩る講習会「元気が出る夏の麺料理」
マンネリになりがちな夏の麺料理が変身。 暑さに負けない、元気の出る麺レシピをご紹介しました。 
講師:新居 文樹 先生(新宿クッキングアカデミー校長)
2012年5月29日(火)  健やかな食を提案する講習会「からだにおいしい 中国の家常菜(ジャチャンツァイ おかず)(1)」
旬の野菜を使った中国家庭料理と、中国の台所で受け継がれてきた食の知恵をご紹介しました。今回は春から初夏にかけての料理です。
講師:ウー ウェン 先生(料理研究家)
2012年5月22日(火)  日本料理の基本を伝える講習会「定番家庭料理の基本 昭和の味」
ちょっと懐かしく、みんなに愛され続けてきた家庭料理をご紹介しました。定番の味の基本をおさらいしました。
講師:堀江 ひろ子 先生(料理研究家)
2012年5月18日(金)  食卓を豊かに彩る講習会「フレンチシェフに習う 春野菜の料理」
野菜料理に定評のあるシェフが、春ならではの野菜をフランス風に楽しむ家庭料理をご紹介しました。
講師:田代 和久 先生(「ラ・ブランシュ」オーナーシェフ)
2012年5月16日(水)  食卓を豊かに彩る講習会「和風味で季節のイタリアン」
日本の季節の食材を使い、和風味をいかした、フォークとお箸で食べたいイタリア料理をご紹介しました。
講師:飯塚 宏子 先生(料理研究家)
2012年4月26日(木)  郷土料理講習会(20)「東北に習う郷土料理 食の知恵」
岩手県、宮城県、福島県の東北3県の食卓から、郷土料理とその食の知恵をご紹介しました。
講師:渡辺 あきこ 先生(料理研究家)
2012年4月24日(火)  日本料理歳時記~おいしい旬を追って「春爛漫・お弁当」
風薫る季節。外でお弁当を楽しみましょう。江戸時代より大名から庶民までが親しんだお弁当を、季節の料理とともに、器や詰め方などもご紹介しました。
講師:柳原 尚之 先生(近茶流嗣家・柳原料理教室副主宰)
2012年4月16日(月)  日本料理の基本を伝える講習会「社会人のための和食のマナー講座」
美しい食の作法は日本の食文化です。春・スタートの季節に、大人の社会人として知っておきたい和食のマナーを、実習をまじえてご紹介しました。
講師:岩下 宣子 先生(現代礼法研究所代表/NPOマナー教育サポート協会理事長)
2012年4月12日(木)  食卓を豊かに彩る講習会「フレンチシェフに習う 卵料理」
おなじみの食材・卵。フランス料理シェフから、卵の可能性が広がる料理術をご紹介いただきました。
講師:谷 昇 先生(「ル・マンジュ トゥー」オーナーシェフ)
2012年3月22日(木)  食卓を豊かに彩る講習会「男子が食べたい家庭料理」
男子目線で選んだ家庭料理をご紹介しました。
味つけ、盛りつけのひと工夫で、いつもの定番料理が男子が喜ぶ一品に。
講師:きじま りゅうた 先生(料理研究家)
2012年3月17日(土)  食卓を豊かに彩る講習会「親子クッキング 太巻き祭りずし」<調理実習>
おすしで顔や花の模様をつくる、目にも楽しい太巻きずし。お花見や春のお祝いごとにもぴったり。
親子でおすし作りに挑戦しました。
講師:龍崎 英子 先生(千葉県伝統郷土料理研究会主宰)
2012年3月8日(木)  健やかな食を提案する講習会「アンチエイジング料理 食から美しく」
おいしく食べて、こころもからだもいつまでも美しく。食は美容と健康の要です。料理と食生活のポイントをご紹介しました。
講師:堀 知佐子 先生(アンチエイジングレストラン「リール」オーナーシェフ)
2012年3月2日(金)  季節と行事の講習会「はんなり―京都の雛の節句料理」
京都の町家「杉本家」に受け継がれる四季の日々の暮らしと年中行事。
春の雛の節句料理とその様子をご紹介しました。
講師:杉本 節子 先生(料理研究家・(公財)奈良屋記念杉本家保存会常務理事兼事務局長)
京都の老舗若主人にきく「日本料理 伝統・現在・そして未来」全3回
伝統的な日本料理を受け継ぎ、国内での活動はもちろん、海外のトップシェフたちとも交流を持ち、世界に向けて日本料理を発信する若主人が、今や世界の注目の的の「日本料理」について、3回にわたりその伝統、現在、未来を料理とともに紹介しました。
2012年2月17日  世界の食情報を紹介する講習会第3回 「日本料理の背景 これからの食」
講師:髙橋 義弘 先生(「瓢亭」十五代目)
江戸時代、京都・南禅寺参道で、茶店として庵を結び、1837年に料亭として暖簾をかかげた「瓢亭」の十五代目。
懐石を基本とする伝統的な日本料理を受け継ぎながら、日本各地や海外で、茶会や料理教室やフォーラム、食育活動など多方面で日本料理の普及に努めています。
2012年2月10日  世界の食情報を紹介する講習会第2回 「自然から学ぶ これからの日本料理」
講師:中東 久人 先生(「美山荘」四代目)
京都の奥座敷“花背”にある、明治28年創業「美山荘」の四代目。自然と深くかかわる新しいスタイルの“摘草料理”を提供し、これが世界に通用する料理となることをめざしています。
2012年2月3日  世界の食情報を紹介する講習会第1回 「東洋と西洋の料理観」
講師:髙橋 拓児 先生(「木乃婦」三代目)
京都の中心地、祇園祭りの鉾町に位置する、創業76年の料亭「木乃婦」の三代目。ワインにも造詣が深く、日本料理を基本としながらも、最新の技法を取り入れた新しい形の料理を提供しています。
2012年1月26日  食卓を豊かに彩る講習会「土鍋-自由自在」
土鍋を使いこなす技とアイディアをご紹介しました。土鍋を使ったいろいろな調理法でいつもの料理がワンランクアップ。
講師:松田 美智子 先生(料理研究家)
2012年1月25日  食卓を豊かに彩る講習会「ショウガをいかした中国家庭料理」
からだを温める食材として注目のショウガ。おいしくヘルシーなショウガのパワーを中国の家庭料理に習いました。
講師:ウー ウェン先生(料理研究家)
2012年1月24日  食卓を豊かに彩る講習会「江戸東京野菜を使った和食」
東京近郊でつくられてきた伝統野菜・江戸東京野菜を使った、旬を味わう和食をご紹介しました。
講師:宮城 幸司 先生(「江ど間」家主)