ぼっかけ /[近畿]

ぼっかけ

■ ぼっかけ

 牛スジとコンニャクを、しょうゆやみりんなどであまからく煮た料理です。
食料不足の戦後に兵庫県神戸市長田区にて、かつて廃棄されていた牛スジを美味しく食べる方法として考案されたのが始まりとされています。その後、同地区では「ぼっかけ」を提供する飲食店が増えました。
お酒の肴として。またはお好み焼きやうどん、カレー等のトッピングとして親しまれています。多くの人々に愛されている料理だからこそ、多様な楽しみ方が生まれたといえるでしょう。

■ お料理のポイント

「しょうゆ:みりん:砂糖=1:1:0.5」の煮汁で、牛すじとこんにゃくを煮込みます。しょうゆの持つ臭み消しの力で肉の臭みも気になりません。

材料(3人分)

牛すじ肉 300g
こんにゃく 1枚
青ねぎ(小口切り) 少々
 
(A)
 キッコーマン 特撰丸大豆しょうゆ 大さじ4
 マンジョウ 濃厚熟成 本みりん 大さじ4
 砂糖 大さじ2
 
2カップ
 
* 材料は正味量です。

作り方

  1. 牛すじは塊のまま一度茹でこぼして、ひと口大に切り、更にやわらかくなるまで下茹でする。(約1時間)
  2. こんにゃくを1cm角に切り、下茹でする。
  3. 鍋に(1)と(2)を入れ、水を注ぎ火にかける。
  4. 沸騰したら(A)を加えて30~40分煮込む。
  5. 器に盛り青ねぎを散らす。

監修:料理研究家 渡辺 あきこ

ご当地メニュートップへ

カテゴリー: ご当地メニュー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。