ニュースリリース
ニュースリリースニュースリリースインデックスへニュースリリース

キッコーマン
中国合弁工場本格出荷開始

<グランドオープニング>


2002年4月 News Release No.02014

 キッコーマン株式会社は、中国上海近郊の昆山市に、台湾最大の総合食品メーカー、統一企業股有限公司と合弁でしょうゆの製造工場の建設をすすめておりましたが、いよいよ本格出荷のはこびとなり、5月10日、グランドオープニングの式典を実施いたします

 合弁会社の社名は昆山統万微生物科技有限公司で、工場の敷地面積は約2万1千㎡、建物面積約1万2千6百㎡、製造能力はキッコーマンブランドのしょうゆと統一ブランドのしょうゆ合わせて年14,000KLでのスタートとなります。

 これまで中国大陸へは主としてシンガポール工場から輸出しており、現地ではキッコーマンしょうゆは高級ブランドとして認識されております。中国大陸でのしょうゆ総生産量は年間約500万KLと推定されますが、当社がターゲットとする高級しょうゆの需要層は人口の約1%と考えております。しかしながら近年の経済発展にともない、高級品志向がますます高まることが予想され、それにともない、キッコーマンしょうゆの売上増大が期待されます。

 キッコーマンの海外生産拠点は、新たに中国工場が加わることで、米国ウィスコンシン州、カリフォルニア州、シンガポール、台湾、ヨーロッパの各工場と合わせて6工場体制となります。


<会社概要>

   社   名:昆山統万微生物科技有限公司
          Kunshan President Kikkoman Biotechnology Co.,Ltd.

   所 在 地 :中華人民共和国 江蘇省 昆山市 経済技術開発区
                                 青陽南路301号

   事業内容:キッコーマンブランドおよび統一ブランドのしょうゆの製造

   設立時期:2000年5月

   製造能力:14,000KL/年

   資本金額:登録資本金 US$11,000,000.-
           内訳 キッコーマン:統一=50:50

以上



キッコーマンTOPへニュース・リリースインデックスページへ
Copyright(C)2002 キッコーマン株式会社 All Rights Reserved.