ニュースリリース

~データエクスチェンジコンソーシアムにて、キッコーマン等が複数のビッグデータを用いた分析を実施~
若者の醤油購買層のライフスタイルを分析

2017年03月15日

キッコーマン株式会社は、データエクスチェンジコンソーシアム(*1)の分科会活動である顧客トレンドチーム(*2)に参加し、参加企業各社と共同で、「醤油を利用する若者世代のライフスタイル」について、複数のビッグデータの分析を行いました。
当社はテーマスポンサーとして、「複数データを活用し、若年世代の価値観やライフスタイルを理解する」というテーマを提案し、その結果をデータエクスチェンジコンソーシアム第6回全体会(2017年3月14日)にて発表しました。

調査結果概要

1

醤油を購入している若者を分析したところ、「SNSへの投稿ネタづくり」や「食にこだわる自分を演出」するために、ちょい足し醤油、珍味レシピ、MY醤油など「醤油のちょっとこだわった使い方」を楽しむ姿がみられました。

2

醤油に関心のある若者世代の生活シーンを分析したところ、【A.お酒や手料理が好き】【B.ふだんは質素だが、食べ歩き・外食は好き】【C.グルメ情報の収集・発信が好き】の3類型が見つかりました。

3

醤油を「買った」若者は、「買わない」若者と比べて、【①高級ミニアイスをよく買う】【②グルメ情報よりレシピサイト、旅行サイト、美容・健康サイトを閲覧し、ポイントを利用して節約している】【③TwitterやInstagram、ニコニコ動画より、FacebookやYoutubeをよく活用する】といった傾向がみられました。

以上を踏まえて、顧客トレンドチームでは、「醤油」を買う若者は、いつもは質素な食生活でも、外食・旅行や口コミ検索で目は肥えているため、本当は料理にも少しこだわりたい傾向にあると帰結しました。

(*1)データエクスチェンジコンソーシアムについて
企業や組織を越えたデータ流通を促進するため、必要な知見の共有、環境整備、ガイドライン作りを行う団体です。
参加企業が共同で、自社データを組み合わせた実証実験を行うほか、個人情報保護や人材育成、プラットフォームについての検討会も開催しています。

(*2)顧客トレンドチームについて
顧客トレンドチームは、顧客の価値観やライフスタイルを分析し、商品の想起から接触ポイントまでを一貫して捉えることで、「顧客に支持される商品企画、宣伝・販売コンテンツ」につなげることを目的に結成しました。
チームの参加企業は、キッコーマン株式会社、株式会社富士通総研、データセクション株式会社、株式会社インテージ、株式会社オズマピーアール、株式会社日本データ取引所の6社です。

調査内容の詳細につきましては、データエクスチェンジコンソーシアムのリリースをご参照ください。

以上