ニュースリリース
ニュースリリースニュースリリースインデックスへニュースリリース

 
キッコーマン
本社社屋竣工式を実施
キッコーマン国際食文化研究センター
を開設

1999年7月 News Release No.99026


 キッコーマン株式会社(本社 千葉県野田市)は、7月30日、予てから建設中の本社社屋が完成し、竣工式を実施いたしました。また、本社社屋内に、キッコーマン国際食文化研究センターを開設いたしました。

 新社屋は、現在の本社社屋(千葉県野田市)の南側、敷地面積約15,000m2に建設建物は、事務棟、会議棟、厚生棟及び国際食文化研究センター、の3棟で構成されます。
 1998年1月16日に起工式を行い、この度の完成となりました。

 新社屋のコンセプトは3つ
 (1) 高い安全性、21世紀にふさわしいインテリジェント機能を持ち、省エネルギーや環境保全にも配慮した建物であること。
 (2) 事務スペースや福利厚生施設の充実と、大規模な会議の開催、内外からの迎賓も行える機能を持つ建物であること。
 (3) キッコーマンの故郷、野田の街並みに調和させること。
 以上の点を考慮しながら、設計を進めてまいりました。

 また、本社社屋内に、「キッコーマン国際食文化研究センター」を開設いたしました。このセンターは、しょうゆの故郷、野田に相応しく、日本の食文化の原点である「しょうゆ」と、世界の食文化の動向を研究の対象とするものであります。

 当初、(1)しょうゆや発酵調味料、日本の食文化に関する文献・書籍のデータベースの作成、(2)食文化に関するシンポジウム、フォーラムの開催、(3)食文化に関する映像、出版物の制作等を手がける予定です。

 現在の本社社屋は、1927年に建設されたもので、既に70年以上を経過しております。現社長 茂木友三郎の就任(1995年2月)直後から検討を開始し、着工後、1年半を経て、本日竣工しました。新本社屋は、当社80周年記念事業の一つに加えられるものであります。

  1. 名称

    キッコーマン株式会社 本社社屋

  2. 所在地

    千葉県野田市野田250

  3. 建物

    事務棟  3階建
    会議棟  2階建
    厚生棟、国際食文化研究センター  1階建
     延床面積 9,913m2


  4. 敷地面積

    15,182m2

  5. 着工及び完成

    着工 1998年1月16日
    完成 1999年7月30日

  6. 入居対象

    旧本社社屋勤務者、野田工場スタッフ 約210名

*キッコーマン国際食文化研究センター

目的  発酵調味料、しょうゆを中心に、広く食文化までを含めた研究活動、文化活動、社会活動、情報の収集・公開活動等を行い、食文化の国際交流・融合に貢献する。

概要  面積 560m2
図書検索、ホームページ、ビデオコーナー、図書閲覧コーナー、食文化展示コーナー

開館  1999年10月以降

以上



ホームページへニュース・リリースインデックスページへ

Copyright(C)1999 キッコーマン株式会社 All Rights Reserved.