トップ > 館内展示

 

特別企画展示

流山白味淋200周年

(2014年6月~展示中)

流山白味淋200周年

 1814年(文化11年)、二代堀切紋次郎が下総国流山(現在の千葉県流山市)で「白味淋」の開発に成功し、販売を始めてから今年で200年になります。甘くておいしい「お酒」から、料理に欠かせない「調味料」へと用途を広げてきた「白味淋」の軌跡を江戸時代の料理本からひも解き、あわせて現代に「マンジョウ本みりん」として受け継がれている「万上(マンジョウ)」ブランドの歴史を紹介しています。


常設展示

しょうゆの歴史から海外進出までの軌跡

しょうゆの歴史から海外進出までの軌跡

醤油発達小史や江戸時代の醤油輸出、キッコーマンの海外進出の軌跡に
ついてパネル等を使って展示しています。また、昔ながらの樽や明治時代の
醤油作りを描いた、野田醤油醸造之図などの展示もあります。

過去の展示はこちら