ソーシャルメディアポリシー

キッコーマングループのソーシャルメディア公式アカウントにおいては、以下に定める姿勢や行動、基本マナーを順守します。

ソーシャルメディアによる情報発信における「自覚と責任」

1

ソーシャルメディアには、世界中のどんな人たちもアクセス可能であること、一人ひとりの情報発信が少なからぬ影響を持つこと、一度公開した情報は完全に削除できないことを理解して、常に責任ある情報発信を心がけます。

2

情報発信にあたっては、法令やキッコーマングループが定めた独自の内部規程を順守します。

3

ソーシャルメディアを通じてコミュニケーションを図ることで、キッコーマングループ社員とお客さま、そして社会と良い関係を構築し、キッコーマングループの商品やブランドの魅力をお伝えしていくことが求められていることを常に認識します。

ソーシャルメディア参加にあたっての心構え

1

常に傾聴の姿勢を忘れず、参加者の声に耳を傾けます。

2

情報発信や対応に責任をもち、誤解を与えないように注意します。

3

個人情報や、著作権など他者の権利を侵害しないよう細心の注意を払います。

4

ソーシャルメディアへの参加を通じて学び、その経験を広く共有することで、参加者やコミュニティの成長に貢献します。

お客さま、および利用者のみなさまへのご案内とお願い

ソーシャルメディア公式アカウントによるものではあるかどうかを問わず、ソーシャルメディアにおけるキッコーマングループ(社員)からの情報発信のすべてが、必ずしもキッコーマングループの公式発表・見解を表しているものではありません。あらかじめご了承ください。公式発表は、キッコーマングループのWebサイト(http://www.kikkoman.co.jp)およびニュースリリースなどで情報発信しています。

ソーシャルメディアにおける情報は、発信時点のものであり、その後変更されることがありますのでご注意ください。また、アカウントにより対話の仕方が異なりますので、それぞれの運用についてはキッコーマングループ ソーシャルメディア公式アカウント一覧をご覧ください。

また、お客さまが投稿したものについては、引用する場合があります。あらかじめご了承ください。
なお、キッコーマングループのソーシャルメディア、およびそれに付随するサービスを利用する際には、こちらのソーシャルメディアご利用規約をご参考ください。
個人情報の保護については、キッコーマングループのプライバシーポリシーをご参照ください。

2011年10月1日制定