ニュースリリース No.19043

キッコーマン中央研究所 竣工!

2019年08月29日

キッコーマン野田本社社屋北側(千葉県野田市)に建設しておりました、「キッコーマン中央研究所」が、このたび竣工となりました。2019年10月からの稼動を予定しております。

キッコーマン中央研究所

キッコーマングループの研究開発部門は、会社設立以前の1904年(明治37年)に設立された野田醤油醸造組合醸造試験所を母体としています。
これまで、将来の製品開発の軸となる基礎研究から商品の開発研究まで、国内外の研究機関との連携をはかりつつ活動してまいりましたが、さらなるグループ研究・開発力の強化を目指し、新たな研究開発拠点を建設しました。
この「キッコーマン中央研究所」では、新たな領域への挑戦として、基礎・基盤研究の強化・集中を行う環境を整え、また、既存事業の商品開発力の強化を目指し、差異化技術を蓄積するためのパイロットプラント設備を新設しました。免震構造の採用など安全面の強化や、環境への配慮にも取り組んでいます。
キッコーマンは、これからも「食と健康」の分野において基礎から応用にわたる研究・開発への取り組みをさらに強化し、世界中で、より豊かで健康的な食生活に貢献する、独創的な新技術開発や新製品開発を進めてまいります。

<キッコーマン中央研究所 概要>

住  所

千葉県野田市野田338

敷地面積

16,960 ㎡

建築面積

6,962 ㎡

延床面積

10,350 ㎡

建物構造

鉄骨造、地上2 階建(一部免震構造)

以上