ニュースリリース

キッコーマン、ブラジル工場より
キッコーマンしょうゆを11月出荷開始!
南米事業の展開を本格化

2021年11月02日

キッコーマン株式会社(以下、キッコーマン)のグループ会社、キッコーマンブラジル商工有限会社(以下、キッコーマンブラジル社)は、2021年11月より、ブラジル工場で生産したキッコーマンしょうゆの出荷を開始します。
キッコーマンは、米国2拠点、欧州1拠点、アジア4拠点のキッコーマンしょうゆの海外生産拠点を有し、キッコーマンブラジル社は海外における8番目のしょうゆの生産拠点となります。

キッコーマンは、2018年に策定した長期ビジョン「グローバルビジョン2030」のしょうゆグローバル戦略の中で、“2020年代に南米事業を成長ステージへ”という目標を掲げております。このたびのブラジルにおけるキッコーマンしょうゆの生産・出荷開始を契機に、今後、南米における事業展開を本格化させてまいります。

これまでキッコーマンは、南米各国において、アメリカ産やシンガポール産のキッコーマンしょうゆ等を輸入し、販売を行ってまいりました。
ブラジルでは2018年にキッコーマンブランドのしょうゆ加工品等の委託製造・販売を開始しました。
そして、2020年3月、キリンホールディングス株式会社からキッコーマンブラジル社の前身であるAzuma Kirin Indústria de Bebidas e Alimentos Ltda.(アズマキリン社)の全株式を取得、子会社化し、ブラジル市場への本格参入を開始しました。
このたび、キッコーマンブラジル社で、主に既存の設備を活用し生産したキッコーマンしょうゆの出荷を開始し、ブラジル国内でのキッコーマンブランドの浸透を進めてまいります。

キッコーマングループは、これからも、お客さまの声を大切にし、価値ある商品やサービスを提供するとともに、食文化の国際交流をすすめ、長期ビジョン「グローバルビジョン2030」の目指す姿の1つ、「キッコーマンしょうゆをグローバルスタンダードの調味料にする」の実現に向けて取り組んでまいります。

<キッコーマンブラジル商工有限会社の会社概要>

社  名:Kikkoman do Brasil Indústria e Comércio de Alimentos e Bebidas Ltda.
設  立:1934年 (キッコーマン子会社化は2020年)
売上収益:非開示
事業利益:非開示
株  主:キッコーマン株式会社(100%)
従 業 員 :112名(2021年9月末日現在)
事業内容:清酒、料理酒、しょうゆ等調味料の製造販売、米の輸入販売
拠  点:本社 サンパウロ州サンパウロ市
工場 サンパウロ州カンピーナス市
代  表:代表取締役社長 尾崎 英之

以上