ひな祭り

3月3日のひな祭りは、女の子の成長や幸せを願うお祝いです。ひな祭りに欠かせない、ひしもちや白酒、はまぐりには、どんな意味があるのでしょう。

ひな祭りはいつから始まったの?

 

ひな祭りは室町時代(むろまちじだい)にはじまりました。中国から伝わった行事と日本にもともとある考え、こどもの遊びがひとつになったといわれています。
古い時代のひな祭りでは、紙で作った人形を川に流すこともあります。こうすると、悪いことに会わないと信じられていました。今でも、そのような「流しびな」をする地方があります。

どうしておひな様をかざるの?

ひな祭りが、女の子の成長や幸せなけっこんを願うものになったのは、江戸(えど)時代になってからです。きれいな着物を着たおひな様をひなだんにかざって、白酒やひしもちをそなえ、みんなでごちそうを食べるようになりました。
桃の節句ともいいます。旧暦(きゅうれき:古いこよみのこと)では桃の花の季節になります。桃にはいつまでも若く美しく、元気でいられるように、という願いがこめられています。

ひな祭りに何を食べる?

 

お祝いのときによく食べる料理のひとつに、おすしがあります。ひな祭りに、ちらしずしを作るという家も多いですね。

 

はまぐりの貝がらは二枚で一組になっていて、ほかの貝と組み合わせることができません。そこで、結婚した人とずっといっしょにいられるように、という願いをこめています。

 

ひしもち

もともとはお正月の食べものでしたが、江戸時代のはじめごろ、ひな祭りに使われるようになりました。緑、赤、白の三色で作ります。緑は大地、赤は花、白を人を表すといわれています。

白酒

江戸時代の終わりごろには、ひな祭りに欠かせないものになりました。江戸時代、ひな祭りが近づくと、白酒売りが赤い布をかけたおけをかついで売りにきたそうです。