ホームクッキング レシピ

携帯・スマホでレシピ検索

行事イベントのレシピおせち料理・お正月料理

お重の詰め方と飾り切り

彩りよく、美しくお重に詰められたおせち料理は、清新なお正月の気分を盛り上げてくれますね。手軽にできて見栄えのする「飾り切り」の方法と「お重の詰め方」のコツをご紹介します。

飾り切り

見栄えのする飾り切りがあると、料理の味も一段上がった気がします。

簡単にできるものをご紹介しましょう。

手綱かまぼこ
左:市松かまぼこ 右:手綱かまぼこ

左:市松かまぼこ
右:手綱かまぼこ

1. 紅かまぼこを1cm幅に切り、かまぼこのカーブにそって紅白の境目よりやや内側に包丁を入れ、縦に一本切れ目を入れます。

手綱かまぼこ

2. 切れ目の下からくぐらせて手綱にします。

手綱かまぼこ
市松かまぼこ

1. 紅かまぼこ1本に7~8mm間隔で浅く切り込みを入れ、1本置きに紅色の部分をそぎ切ります。

2. 7~8mm厚さに切り分け、市松模様になるように置きます。そぎ切った部分は結んで汁の実にしたり、雑煮に入れます。

手綱こんにゃく
手綱こんにゃく

幅2cm、長さ4~5cm、厚さ7mm程度に切り、中央に切り込みを入れます。

一方の端を持って、切り込みをくぐらせます。

ねじり梅
ねじり梅

にんじんを7~8mm厚さに切り、梅型で抜きます。花弁の境に浅い切り込みを入れ、花弁の中央から斜めにそぎ切ります。同様に裏面も切ります。

ねじり梅
花形れんこん
花形れんこん

れんこんの穴のカーブに添って花形に切ります。

酢水につけてアクを抜きます。

里芋の六方むき
里芋の六方むき

1. 上下を切ります。何個か一緒に煮る場合は、高さを揃えると、仕上がりがきれいです。皮は厚めに縦にむきます。

里芋の六方むき

2. (1)の反対側の皮をむきます。切り口が平行になるよう、角度を調整します。残りの皮も、手前、奥と対角が平行になるようにむいて六角形にします。

里芋の六方むき
しいたけの花切り
しいたけの花切り

1. 軸を切り、かさを上にして置きます。包丁を少し斜めにして、中央一直線に切り目を入れます。しいたけを半回転させて同様に包丁を入れ、V字型に切り取ります。

しいたけの花切り

2. 同じ要領で、十字になるようV字型の切り目を入れます。

しいたけの花切り
しいたけの亀甲切り
しいたけの亀甲切り

干ししいたけはやわらかくもどします。軸を切り、かさが六角形になるように、里芋の六角むきと同様にふちを切ります。

しいたけの亀甲切り
菊花かぶ
菊花かぶ

細かく包丁目を入れたかぶを甘酢に浸け、菊に見立てたものです。

割り箸などを両端に置いておくと、下まで切り離さずにきれいに切れます。

「菊花かぶ」のレシピはこちら

菊花かぶ

お重の詰め方

詰め方は地方によりしきたりがありますが、配色や味のバランスを考えて自由に詰めてかまいません。

味が移らないよう、汁気をよくきったり、葉らんで仕切りをするとよいでしょう。

一の重

1. 奥に栗きんとんを盛り、重箱の長さに切った葉らんで仕切り、だて巻きと紅白かまぼこで押さえます。きんとんには、南天の葉をあしらいました。

2. 手前に祝い肴三種(黒豆、田作り、数の子)を盛ります。汁気のでやすい黒豆は小鉢などに入れて詰めます。

一の重
一の重
二の重

1. 奥にお煮しめを彩りよく盛り、葉らんで仕切ります。

2. 昆布巻きを入れて葉らんを据え、えびのうま煮、さわらの西京漬け、菊花かぶを詰めました。

二の重
二の重

このページのトップへ