お弁当便利帖 その3 子どものお弁当づくりのコツ

分量はどれくらい?

分量は、大人の約半分、主食とおかずを半々を目安にしましょう。
食の細い子には、おかずを多めにするか、口当たりのよいフルーツを入れてください。
「全部食べた」という満足感が大切です。最初は量を控え、様子を見ながら増やします。

食べやすくする工夫を

子どもの口の大きさに合わせて、具材は小さめに切ります。繊維の多いもの、かたいものには切り込みを入れましょう。
つまんで食べられるよう、細長くつくる、ピックなどで刺す、といった工夫をしてください。おにぎり、のり巻きなどもおすすめです。

子どものお弁当に便利なグッズ

 
1

煮豆やフルーツを入れるのに便利な紙のケース

2

木の香りがする経木のケース(余分な水分を吸ってくれます)

3

刺しやすく抜けにくいピック

4

しょうゆ、ソース入れ(自分で味を調整できます)

5

大きく蓋が開くドレッシング・ケチャップ入れ

凡例

調理時間
エネルギー
塩分

※ 調理時間以外の作業時間が発生する場合、「+」が表示されます