マンジョウのこだわり

こだわりのマンジョウ本みりんづくり

 

良質の原料を選び、ゆっくりと時間と手間をかけて熟成。

豊かな味と香りのマンジョウ本みりんは、原料として厳選されたうるち米、もち米、アルコールを、ゆっくりと時間をかけて熟成させる、昔ながらの醸造方法を採用しています。

うるち米は水につけ、蒸し釜で蒸して冷まします。これに種麹を加えて製麹機に入れ、約2日間に渡り、じっくりとねかせます。こうして米麹ができます。もち米は蒸し釜で蒸して冷まします。

次に、できあがった蒸しもち米と米麹とアルコールを一緒に仕込みタンクに入れて、みりんもろみを造ります。このもろみは、タンクの中で約1~2ヶ月、米麹がつくる酵素の力で分解反応による糖化熟成をします。

熟成後、このもろみを圧搾機で絞ります。これを火入れ殺菌し、十分な衛生検査のもと、びんづめ後、マンジョウ本みりんとしてみなさまの元へとお届けいたします。

良質の原料を選び、ゆっくり時間と手間をかけて熟成させる、マンジョウ本みりんの醸造法は、今も昔も変わりません。
マンジョウ本みりんの上品な深い旨味は、伝統を守りながら、常に「より良いみりんづくり」を願う心から生まれるものなのです。

一般的なみりんのつくりかた