野菜の切り方

くし型切り

玉ねぎやトマトなど丸い野菜を縦半分にし、中央から等分に切り分けることをいいます。櫛(くし)の形に似ているので、この名がつきました。

キャベツ

 
 

縦半分に切り、切り口の中央から包丁を入れて等分に切っていく。ポトフなどの煮込みや焼きキャベツにするときにこの切り方をする。

玉ねぎ

 
 
 

皮をむいて縦半分に切ってから、へたの部分に包丁の先をVの字に入れてへたを切り落とす。切り口の中央から包丁を入れて等分に切っていく。カレーやシチューにはこの切り方をすることが多い。

トマト

 
 
 

縦半分に切ってから包丁をVの字に入れてへたを取る。
切り口の中央から包丁を入れて等分に切っていく。