野菜の切り方

みじん切り

材料を細かく刻むことをいい、野菜によって切っていく手順が異なります。粗めに刻むことを「粗みじんに切る」といいます。

しょうが

皮をむいたしょうがを端から薄切りにして
少しずつずらして重ね、細く切ってせん切りにして
さらに直角に細かく切る
みじん切りにしたしょうが

皮をむいて薄切りにし、少しずつずらして重ね、端から細く切る(せん切り)。さらに端から直角に細かく切っていく。

玉ねぎ

縦半分に切った玉ねぎは根元を向こう側にしておき、根元を切らずに端から薄く切れ目を入れる
包丁をねかせて横に2~3本切り目を入れて
さらに直角に細かく切る
みじん切りにした玉ねぎ

皮をむいて縦半分に切り、根元の部分を向こう側にしておき、根元を切らないように端から薄く切り目を入れる。切り目を細かく入れると細かいみじん切りになる。バラバラになると作業しにくいので根元はつけたまま。次に包丁をねかせて横に2~3本切れ目を入れ、端から切っていく。

にんにく

縦半分に切り芯を取ったにくにくは切り口を下にして根元を切らないようにして薄切りに
包丁をねかせて横に2~3本切り目を入れて
端から切っていく
みじん切りにしたにんにく

薄皮をむいて縦半分に切り、芯を取る。切り口を下にして置き、根元を切らないようにして薄切りにする。包丁を寝かせて横に2~3本切れ目を入れ、端から切っていく。

ねぎ

ねぎは包丁で縦に、細かくする時は6~7本、粗みじんにする時は2~3本切り目を入れる
直角に端から細かく切っていく
みじん切りにしたねぎ

縦に包丁で切れ目を入れていく。細かくしたいときはねぎを回しながら6~7本、粗みじんに切るときは2~3本切れ目を入れる。切れ目に直角に端から細かく切っていく。