野菜の切り方

乱切り

野菜を不規則な形に切る切り方です。形は違っても大きさをそろえることがポイントです。面が大きいので火を早く通すことができます。棒状の野菜は回しながら切るので、「回し切り」ということもあります。

きゅうり

きゅうりは両端を切り落とし、端からきゅうりをまわしながら切っていく
乱切りしたきゅうり

両端を切り落とし、端からきゅうりを回しながら切っていく。

大根

大根は皮をむいて縦半分、太い場合はさらに縦十文字に切る
端から不規則に、食べやすい大きさに切っていく
乱切りした大根

皮をむいて縦半分、太い場合は縦に十文字に切る。端から不規則に、食べやすい大きさに切っていく。

なす

なすはへたを切り落とし、端からなすをまわしながら切っていく
乱切りしたなす

へたを切り落とし、端からなすを回しながら切っていく。

にんじん

にんじんは皮をむいてまわしながら食べやすい大きさに切る
乱切りしたにんじん

皮をむいてにんじんを回しながら食べやすい大きさに切っていく。太い場合は、縦半分に切る。前に切った切り口の真中くらいに包丁を入れて次を切ると、均一な大きさに切れる。

ピーマン

ピーマンは丸のまま、包丁を斜めに入れて不規則に切っていく
種の近くになったらピーマンを立てて、種を避けて切っていく
乱切りしたピーマン

丸のまま、包丁を斜めに入れて不規則に切っていく。種の方になってきたらピーマンを立てて、種を避けるように切っていくと最後まできれいに切れる。

れんこん

れんこんは皮をむいて縦半分、太い場合は縦に十文字に切り、端から不規則に切っていく
乱切りしたれんこん

皮をむいて縦半分、太い場合は縦に十文字に切る。端から不規則に、食べやすい大きさに切っていく。