魚介類の下準備

帆立貝

殻を開ける

殻の平らな方を下にして持ち、テーブルナイフなどを差し込み小刻みに動かす
貝柱を傷つけないように気をつけながら、ナイフで貝を殻からはずす

殻の平らな方を下にして手に持ち、テーブルナイフなどを差し込む。下の殻に沿ってナイフを滑らせるように小刻みに動かす。膨らみのある方の殻を下にして持って貝を開き、貝柱を傷つけないように気をつけながら、ナイフで貝を殻からはずす。

貝柱を整える

周りについているヒモやウロなどを貝柱からきれいにはずす
貝柱の脇についているひも状の部分を竹串ではがし取る

周りについているヒモやウロなどを貝柱からきれいにはずす。さらに貝柱の脇についているひも状の部分を竹串ではがし取る。

ひもを使う

ひものぬめりを包丁の先でこそげ取り、塩水で洗ってから水洗いして水気をしっかり拭く

包丁の先でひものぬめりをこそげ取っていく。塩水で洗ってから水洗いして水気をしっかり拭いてから使う。

帆立貝の各部の名称

上からウロ(中腸腺)、貝柱(閉殻筋)、生殖巣、ヒモ(外套膜)