父の日

6月第3日曜日は、父の日です。「お父さん、ありがとう」という気持ちを伝える日です。だれが、いつ、はじめたのかな?その人は、きっとお父さんが大好きだったのですね。

父の日はいつから始まったの?

 

母の日は1907年にアメリカで始まりました。父の日はその3年後の1910年、同じアメリカで行われるようになりました。始めたのはJ.B.ドット夫人という人です。ドット夫人は6人兄弟で、お母さんは早くになくなりました。お父さんが兄弟の世話をして、育ててくれたのです。
そこで、ドット夫人は「母の日と同じように、父に感謝(かんしゃ)する日を作りたい」と教会の牧師(ぼくし)さんにお願いしたのです。6月になったのは、ドット夫人のお父さんの生まれた月が6月だったからです。
1972年に「父の日」はアメリカの祝日になりました。日本で「父の日」が行われるようになったのは、1950年ごろだそうです。

父の日は、どんな花をおくるの?

 

母の日はカーネーションですが、父の日はバラをおくることになっています。ドット夫人が、お父さんに白いバラをおくったからと言われています。

お父さんの好物をつくろう!

ステーキ、焼肉、魚料理… お父さんの好物(こうぶつ)は何かな?みんなでつくって一緒に食べよう!