2019年5月10日
<季節の野菜で居酒屋メニュー>
本田よう一先生(料理家)

チキンスペアリブのから揚げ アスパラガスといんげん
豚しゃぶとトマトの薬味あえ
にんじんのさきいかあえ枝豆のにんにくしょうゆ漬けうずら卵とチーズのしょうゆ漬け
本田よう一先生

2019年5月9日のKCC料理講習会は、料理家の本田よう一先生をお招きし「季節の野菜で居酒屋メニュー」をテーマに開催しました。

講習会のレポート

本田よう一先生は、栄養士の免許を持ち、2006年から、料理家として仕事を開始。野菜をたっぷり使った、家族みんなで楽しめる料理に定評があります。
普段も、楽しく家族のための料理づくりを実践。こどもの離乳食から、毎日のお弁当もこなします。

今回は、家飲みの料理も得意な本田先生に、季節の野菜を使い、お酒のつまみ、ご飯のおかずにもなるような料理を紹介いただきました。どれも簡単、ヘルシーな家庭料理ならではの、居酒屋メニューです。

講習会のレシピ

チキンスペアリブのから揚げ アスパラガスといんげん

材料:2人分

手羽先

6本

アスパラガス

100g

さやいんげん

100g

揚げ油

適量

片栗粉

大さじ6

少々

こしょう

少々

A;
 キッコーマン 特選丸大豆しょうゆ

小さじ2

 マンジョウ 料理の清酒

小さじ2

 しょうがのすりおろし

少々

つくり方

①手羽先は先の部分を関節で切り、さらに縦半分に関節で切る。
②ポリ袋に Aを入れて、①の手羽先を入れてもみこむ。
③アスパラガスは下1/3をピーラーでむき、縦半分に切る。いんげんは縦半分に切る。
④フライパンに揚げ油を高さ2cmほど入れて、中火で温め、アスパラガスといんげんを入れて、5分ほど揚げて取り出し、塩(分量外)をふる。
⑤②のポリ袋に片栗粉を入れて手羽先にまぶす。
⑥④のフライパンの揚げ油に、⑤を入れて、中火で3分揚げて、返してさらに3分ほど揚げる。
⑦⑥の揚げ上がりに、塩、こしょうをちらし、④のアスパラガスといんげんとともに、皿に盛りつける。

豚しゃぶとトマトの薬味和え

材料:2人分

豚しゃぶしゃぶ用

200g

トマト(小2個)

200g

らっきょう(甘酢漬け)

4粒

みょうが

1個

青じそ

4枚

A;
 キッコーマン いつでも新鮮しぼりたて 生しょうゆ

小さじ2

 デルモンテ エキストラバージンオリーブオイル

大さじ1/2

 酢

小さじ1

 砂糖

2つまみ

B;
マンジョウ 料理の清酒

 
大さじ1
2つまみ

つくり方

①トマトはヘタを切り、小さめの乱切りにて ボウルに入れ、Aを混ぜ合わせ、10分ほどおく。
②フライパンに湯を沸かし、Bを入れて火を止め、豚肉を入れて箸でほぐし、白っぽくなってきたら、平らなざるに上げ、冷ます。
③みょうがは薄い輪切り、らっきょうは縦薄切りにする。青じその葉は手でちぎる。
④②の豚肉と①を混ぜ合わせて器に盛りつけ、③の薬味をのせる。

にんじんのさきいか和え

材料:つくりやすい分量

にんじん(小2本)

300g

さきいか

10g

A;
 キッコーマン いつでも新鮮しぼりたて 生しょうゆ 

大さじ1/2 

 塩

2つまみ

 マンジョウ 本みりん

大さじ1

つくり方

にんじんは皮をむき、せん切りにする。ポリ袋に入れて Aを入れてしんなりするまでおく。手で少し裂いたさきいかと、にんじんを合わせる。

枝豆のにんにくしょうゆ漬け

材料:

枝豆(冷凍)

200g

にんにく(みじん切り)

1片分

赤唐辛子(半分に切り種を抜く)

1本分

ごま油

大さじ2

キッコーマン いつでも新鮮しぼりたて 生しょうゆ

大さじ1と1/2

つくり方

①フライパンに、にんにくと赤唐辛子とごま油を入れて、香りが出るまで弱火で炒める。
②しょうゆを加えて香ばしくなったら、枝豆を加えて、全体に絡め、粗熱が取れたら、ポリ袋に入れて、1晩ほどおく。

うずら卵とチーズのしょうゆ漬け

つくり方

ポリ袋に、しょうゆ、みりん、水 各大さじ1を入れ、うずらの卵の水煮 10個とプロセスチーズ 4個を入れて、空気を抜き、1晩おく。

それ以外のレシピ情報および料理講習会はこちら