2018年7月4日
<夏こそらくらく 時短料理>
今井亮先生(料理研究家)

豚肉とキャベツとズッキーニのしょうがごま蒸し
しらすと薬味の混ぜご飯
蒸しなすとキムチの和え物
たたききゅうりとトマトの梅おかか和え
冷製スープ
スイカの皮のピクルス
今井亮

2018年7月4日のKCC料理講習会は、料理研究家の今井亮先生をお招きし「夏こそらくらく 時短料理」をテーマに開催しました。

講習会のレポート

今井亮先生は中華料理店で修業後、フードコーディネーターの学校を卒業し、料理家として仕事を開始。中華料理や時短料理が得意で、テレビ、雑誌、料理本で紹介しています。また、家庭でつくる中華料理を教える料理教室「亮飯店」が人気です。

今回は夏に向けて、火を使わない時短調理でありながら、栄養バランスのいい料理やそのアイデアをご紹介いただきました。ごまやキムチ、しば漬け、梅干などの漬物、しそ、みょうが等など薬味の香り、風味、酸味を活用。これらをいかすことで味つけも簡単、食感や味わいにアクセントも加わり、食欲をそそる料理ができます。料理6品が簡単、スピーディーに出来あがりました。

講習会のレシピ

豚肉とキャベツとズッキーニのしょうがごま蒸し

材料:2人分

豚肉切り落とし

200g

キャベツ

4枚

ズッキーニ

1/2本

パプリカ(赤)

1/4個

A:キッコーマン 濃いだし本つゆ
 白すりごま
 おろししょうが
 ごま油

大さじ4
大さじ2
小さじ1
小さじ1

つくり方

①キャベツはひと口大、ズッキーニは5mm幅の輪切り、パプリカはくし切りにする。
②ポリ袋に豚肉、Aを入れ、もみ込む。
③フライパンにキャベツ、ズッキーニ、豚肉、パプリカの順で載せ、ふたをして火にかける。沸いてきたら弱めの中火にし、7~8分蒸す。

しらすと薬味の混ぜご飯

材料:2人分

しらす

30g

しば漬け

20g

みょうが

1本

青じそ

4枚

温かいご飯

1合分

つくり方

①しば漬けはみじん切り、みょうがは薄切り、青じそは粗みじん切りにする。
②ボウルに材料を全て入れ、ほぐすように混ぜ合わせる。

蒸しなすとキムチの和え物

材料:2人分

なす

2本

キムチ

100g

A:キッコーマン いつでも新鮮しぼりたて生しょうゆ
  ごま油

小さじ1
小さじ1

つくり方

①なすはへたを切り、皮を剥く。耐熱皿にぬれたペーパータオルを敷き、なすを並べてラップをし、600Wの電子レンジで5~6分加熱する。粗熱を取り、ひと口大に切る。
②ポリ袋になす、キムチ、Aを入れて軽くもみ、味をなじませる。

たたききゅうりとトマトの梅おかか和え

材料:2人分

トマト

1個

きゅうり

1本

A:梅肉
  キッコーマン 濃いだし本つゆ
  かつおぶし

小さじ1
大さじ1
3g

つくり方

①トマトはへたを取って乱切り、きゅうりはへたを切り、たたいてからひと口大に割る。
②ポリ袋にAを入れて混ぜ、トマト、きゅうりを加えて軽くもみ、味をなじませる。

すいかの冷製スープ

材料:4人分

すいか

400g

トマト

1/2個

パプリカ(赤)

1/2個

玉ねぎ

1/4個

食パン(6枚切り)

1/2枚

米酢

大さじ1

デルモンテ エキストラバージンオリーブオイル

大さじ2

少々

つくり方

①すいかはざく切りにし、種を取り除く。トマトはへたを取り、パプリカ、玉ねぎとともに適当な大きさに切る。
②①とパンをミキサーにかけ、なめらかにする。
③②にオリーブオイルと米酢を加え、さらにミキサーにかけて、塩で味を調え、冷蔵庫で冷やす。

すいかの皮のピクルス

材料

すいかの皮

200g

少々

A:米酢
  水
  砂糖
  塩

50ml
50ml
大さじ1
小さじ1/4

つくり方

①すいかは皮の固い部分を切り、2cm厚さのひと口大に切り、ボウルに移し、塩少々をふる。10分したら水気を軽く絞る。
②Aを沸かし、すいかと合わせ、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

それ以外のレシピ情報および料理講習会はこちら