2018年10月10日
<タニア先生のドイツ流シンプルな食卓>
門倉多仁亜先生(料理研究家)

あたたかいポテトサラダ
にしんのポテトサラダ
じゃがいもチーズ
ドイツ風具だくさんスープ
門倉多仁亜先生

2018年10月10日のKCC料理講習会は、料理研究家の門倉多仁亜先生をお招きし「タニア先生のドイツ流シンプルな食卓」をテーマに開催しました。

講習会のレポート

門倉多仁亜先生は、日本人の父とドイツ人の母の間に生まれ、日本、ドイツ、アメリカで育ちました。また、ロンドンで料理を勉強され、帰国後は、書籍、雑誌、料理教室等で料理をご紹介し、ドイツの家庭料理をはじめ、海外で培ったセンスが光る料理が人気です。食だけでなく、東京でのドイツ流シンプルな暮らし方と、ご主人の実家、鹿児島での自然とともにあるライフスタイルは憧れの的です。

今回は、門倉先生にドイツの食のお話と家庭料理をご紹介いただきました。シンプルながらも、豊かに生活を楽しむのがドイツ流。料理も同様です。じゃがいもはさまざまな形で、よくドイツの食卓にのぼります。ここではドイツならではのポテトサラダ2品、チーズに見立てたじゃがいもでつくったディップ、そして、先生が幼い頃ドイツで、おばあちゃんにつくってもらった思い出のスープを、日本風にアレンジしてご紹介いただきました。

講習会のレシピ

あたたかいポテトサラダ ~Warmer Kartoffelsalat

材料:4~6人分

じゃがいも(メークイン)

400g

ブイヨン(スープ)

300ml

ローリエ

1枚

赤唐辛子

1本

にんにく(みじん切り) 

1/2かけ

砂糖 

少々

少々

こしょう

少々

好みのハーブ(みじん切り)
(パセリ、青ねぎ、チャービル、ディル、バジルなど)

20~30g

A:
 酢

大さじ2

 粒マスタード

小さじ1~2

 デルモンテ エキストラバージンオリーブオイル

大さじ2~3

 玉ねぎ(みじん切り)

1/2個

 ピクルス(みじん切り)

大1~2本

つくり方

①じゃがいもは皮をむき、1~2cm厚さの輪切りにする。
②鍋にブイヨンスープ、ローリエ、赤唐辛子を入れ、①のじゃがいもを入れ、やわらかくなるまで、10~15分ゆでる。ざるの下にボウルをおき、じゃがいもをざるにあけ、じゃがいもをゆでたブイヨンスープを取っておく。
③②のブイヨンスープ150mlを鍋に入れて沸騰させる。にんにく、②のじゃがいも大さじ2くらいの分量を入れ、ブレンダーでピューレにする。とろんとした液体になったらAを混ぜ、砂糖、塩とこしょうで味を調える。
④③に、②のじゃがいもを入れて和える。じゃがいもはあまりくずさない。仕上げにハーブを混ぜる。

にしんのポテトサラダ ~Kartoffelsalat mit Hering

材料:4人分

じゃがいも(メークイン・中)

3個

にしん(酢漬け・食べやすく切る)

80g

玉ねぎ(粗みじん切り)

1/4個

きゅうりピクルス(中・粗みじん切り)

2本

りんご(小さめのサイコロ状)

1/4個

ディル(枝は除き、葉のみ)

2本

A:
 デルモンテ エキストラバージンオリーブオイル

大さじ2~3

 レモン汁

小さじ2

 粒マスタード

小さじ1

 はちみつ

小さじ1

 プレーンヨーグルト(水切り)

大さじ1~2

 塩、こしょう

各少々

つくり方

①じゃがいもは皮をむき、半分に切り、竹串が通るくらいまで塩ゆでにして、ざるに上げる。
②ボウルにAを入れて、泡だて器でよく混ぜ、ドレッシングをつくる。味をみて、塩、こしょう、レモン汁(分量外)で味を調える。
③②に、にしん、玉ねぎ、ピクルス、りんごを入れて味をなじませる。
④①のじゃがいもを薄切りにし、刻んだディルとともに③に入れて和え、器に盛りつける。

じゃがいもチーズ(マッシュポテトのディップ) ~Kartoffelkaas

材料:4人分

じゃがいも(男爵)

2個

サワークリーム

大さじ3

玉ねぎ(みじん切り)

大さじ4

あさつき(小口切り)

少々

適量

こしょう

適量

パン(ライ麦パン・薄切り)

適量

バター

適量

つくり方

①じゃがいもは皮をむき、適当な大きさに切り、塩を加えた湯で、竹串がスッと通るまでゆでる。
②①の湯をきって、ボウルにじゃがいもを入れ、サワークリームと塩、こしょう各少々を加えて、マッシャーでつぶしながら混ぜる。最後に玉ねぎを加えて混ぜる。
③ライ麦パンにバターをぬり、②をのせて広げ、あさつきをのせる。

ドイツ風具だくさんスープ ~Eintopf

材料:4~6人分

にんじん(小)

1本

玉ねぎ

1個

セロリ

1本

しいたけ

4枚

大根

80g

そばの実

40g

ソーセージ

適量

デルモンテ オリーブオイル

少々

だし汁(かつお、こんぶ)

800ml

ローリエ

1枚

タイム(生)

2~3枝

キッコーマン いつでも新鮮 しぼりたて うすくち生しょうゆ

少々

塩、こしょう

各少々

パセリ(みじん切り)

少々

つけ合わせ

バターをたっぷりぬったライ麦パン

つくり方

①玉ねぎ、にんじん、セロリの茎は7~8mm角に切る。セロリの葉は残しておく。しいたけと大根は1cm角に切る。
②鍋にオリーブオイルを熱し、玉ねぎ、にんじん、セロリを入れて弱火でよく炒める。しいたけと大根も入れて炒める。よく炒めることで野菜のうま味が引き出される。
③全体にしんなりしたらだし汁を注ぎ、そばの実、ローリエ、タイム、セロリの葉(ハーブのように使う)を入れて沸騰したら、弱火にし、野菜とそばの実がやわらかくなるまで煮る。
④ローリエ、タイム、セロリの葉を取り出し、仕上げにソーセージを加え、うすくちしょうゆ、塩、こしょうで味を調える。
⑤④を器に盛りつけ、パセリをちらし、ライ麦パンを添える。

それ以外のレシピ情報および料理講習会はこちら